自己啓発・人間関係美容・健康恋愛社会・ニュースIT育児・教育

「家庭よりも仕事を優先すると後悔することになる」というエピソード

facebookでシェア Twitterでツイート Google+で共有 はてぶに追加 LINEで送る Pocketに追加
「家庭よりも仕事を優先すると後悔することになる」というエピソード

以前30代が陥りやすい失敗パターン5つにおいて、「仕事と家庭の狭間に立たされた際、"仕事"を優先して後悔している先人が多い」という内容をご紹介しました。

今からご紹介するのは、まさにそれが実体験となったエピソードです。

「家庭よりも仕事を優先すると後悔することになる」というエピソード
私は有料の老人ホームで働いている。
入所者さんの中に、穏やかで可愛い感じのお婆ちゃんがいる。

仮にAさんとするが、Aさんには一人息子がいて、孫も二人。
ホームからそれほど遠くない所に住んでいるのだが、息子さんは仕事が忙しくて、年に数回しか面会に来ない。
孫は正月だけ、お年玉をもらいにやって来る。

Aさんは家族を恋しがって、面会を首を長くして待っており、
その様子を見るのが辛い。


ある時、Aさんの容態が悪くなり家族に連絡した。

しかし息子さんは、
「救急搬送するなら、意思確認書を出してあるからいいだろう。これから大事な会議があるから行けない」と言う。

それでも生活相談員が「とにかく家族と一度お話したいので」と説得し、ようやく面会に来てくれた。


私はAさんの介護のため付き添っており、息子さんが来た時もその様子を見ていた。

待ちわびていた我が子の顔を見たAさんは、ボロボロ涙をこぼし、
「私ももう先が長くない。短い余生の大事な時間なのだから
時々顔を見せてくれないか。孫にも会いたい」と、拝むようにして頼んでいた。

生活相談員も、「お忙しいのは分かるのですが、実のお母様なのですし、もっと面会にいらしては」と、ちょっと諭すように言った。


すると息子さん、プチっと切れたようになり、
Aさんに向かって「あのなぁ、母さん!」と怒鳴った。

「俺が小さい頃、インフルエンザで高熱を出した時も、
あんた、俺の枕元に水と菓子パン置いただけで仕事に行ったろうが!

小学生の子供一人で何日も留守番させたろうが!

母さんと一緒にいたいと泣いて頼んでも、母子で一緒にいた日が何日あったよ?

誕生日やクリスマスに約束して、何カ月も前から楽しみにしていても
あんた、当日になったら、大事な仕事が入ったからと出て行ったろうが!

老い先短い大事な時間だというなら、子供の頃の時間は大事じゃないのか!」


・・・もっと声を荒げて大変だったけど、こんな意味のことを息子さんは怒鳴っていた。


Aさんはワナワナ泣きながら、
「お前を育てようと必死だったんだよ、
お前にお金で苦労させたくなかったんだんだよ…」と訴えたけど

息子さんは、ものすごく冷たい顔で
「そうだな。俺も家族のために必死なんだよ。だから時間がないんだ。
経済的に苦労しなかったのは感謝してる。
だから俺も母さんを、金のかかる立派なホームに入れている。これでアイコだろ?」
と言って、生活相談員を睨みつけて去っていってしまった。


あれから、Aさんは息子に会いたい、孫に会いたいと言うことがめっきり減った。
ただ、ものすごく暗い顔で、いつもため息をついている。

このあいだ、
「本当に今更だけど、あの子はこんな気持ちで私の帰りを待ちわびていたんだなと、年を取ってから思い知らされたの…もう取り返しがつかないのね。
息子のためにと頑張ったのに、私の人生は何だったんだろう。
これって因果応報なの?」
と聞かれ、返事ができなかった。

生活相談員は、「Aさんがそうやって頑張ったから、
このホームに入って安心して暮らせるんですよ」と慰めているけれど...

出典:オープン2ちゃんねる(当サイトにて一部編集)

いろいろと考えさせられる内容です。

仕事と家庭の狭間に立たされた場合、「仕事と家庭の両立」ができることが最善なのは言うまでもありません。

しかしこの現代日本においては、仕事と家庭の両立が難しいケースも多々。。。

そういった場合に、仕事をとるか、家庭をとるか、果たしてどちらの選択が正しいのでしょうか?

・・・残念ながらこの難問には、 "1+1=2" のような「万人共通の正解」は存在しません。

自身の心に深く問いかけ、さらに多くの先人達の経験を参考にしながら、各々にとって「後悔しない人生を歩む道」を探していく他なさそうです。

一度しかない人生ですから、周囲からの評価などに左右されないで、目一杯幸せだと思える人生にしたいですよね!^^

最後に名言を3つご紹介します。

金は、ある程度まで人を面白そうなところへ連れて行ってくれる。 しかし、金があっても貴方のことを愛してくれる人の数が増えたりはしないし、より健康になれたりもしない。 by ウォーレン・バフェット(投資の神様と謳われる、世界二位の大富豪)
男は女への愛の証として、世界一高い山に登り、世界一深い海にもぐり、世界一広い砂漠を横断した。 だが女は男を捨てた―――男がちっとも家にいなかったから。 by 話を聞かない男、地図が読めない女(2000年のベストセラー書籍)
子供叱るな来た道だもの、年寄り笑うな行く道だもの。 来た道行く道二人旅。これから通る今日の道、通り直しのできぬ道。 by 浄土真宗の教え

皆さんが幸せな人生を歩むための、何らかのお役に立てましたら幸いです^^

記事のシェアはこちらから facebok Twitter Google+ はてぶ LINE Pocket
HOTNEWSのフォローはこちらから 10年後も価値あるネタを配信中♪ HOTNEWS - facebookページ
サイトマップ(全記事/全タグ一覧) 編集者プロフィール お問い合わせ