自己啓発・人間関係美容・健康恋愛社会・ニュースIT育児・教育

将来あなたは大金持ち?経営者の器かどうかを判定する心理テスト

facebookでシェア Twitterでツイート Google+で共有 はてぶに追加 LINEで送る Pocketに追加
将来あなたは大金持ち?経営者の器かどうかを判定する心理テスト

サラリーマンの約半分が、「 会社をやめて起業しよう」と、一度は考えたことがあるそうです。

・・・しかし、その思い(起業)を実現に移すのって、とても勇気がいるんですよね。今までずっと雇われてきた自分が、いきなり「経営者」という人を雇う側に立って、果たしてやっていけるのかな?? と。

それでは ここらで一発、"貴方が経営者の器かどうか" を判定する、とっておきの心理テストを出題してみます。

起業について色々と悩むのは、この心理テストを受けてからでも遅くはないですよ(笑)

将来あなたは大金持ち?経営者の器かどうかを判定する心理テスト

※ この心理テストは、筆者と筆者の知人(経営コンサルタント)が二人で考え出したものです。それなりの根拠に基づいたものであるため、心理テスト結果の信憑性には一理あると自負しています。

※ 正しい心理テストの結果を得るには、心理テストの情景を頭のなかで強く思い浮かべることが大切です。ここでは高校生のA男になりきってください。

それではスタート!

簡単なようで奥が深い、経営者の器を測る心理テスト

貴方は高校生のA男です。成績は常にクラスで一番の優等生。始業ベルがなったので、教室の自分の席に座っています。しばらくすると担任の先生が入ってきました。

先生:「この前の中間試験の結果を返すぞ〜。」

〜教室中 ザワザワ〜

生徒が順に名前を呼ばれ、先生の所まで試験結果を受け取りに行く。

先生:「次は、A男」

A男:「はい」

先生:「いつも通り凄いじゃないかA男、500点満点中 495点だ。」

教室中:「A男すげ〜〜!!」

A男:「いやぁ、それほどでも」
(表面上はクールだが、内心はみんなの前で褒められ、嬉しくてしかたがない。)

先生:「本当によくやったなA男、クラスで二位だ。」

A男:(・・・え?俺が一位じゃないのか?)

先生:「次は、B男」

B男:「はい」

先生:「凄いじゃないかB男、500点満点中 500点だ。つい最近転校してきたばかりだというのに、いきなりクラス一位だな。」

教室中:「B男すげ〜〜!! 全問正解かよ!!」

B男:「いやぁ、それほどでも」

・・・

次の休み時間、クラス中がB男の周りに集まり、「ねぇねぇ、どうやって勉強してるの?」「今度勉強教えてよ」と質問攻め。普段なら試験結果発表後はA男の周りに人だかりができるはずが、今回は誰一人として集まってこない。

さて、このシチュエーションにおいて、A男である貴方は、B男に対して今後どのように行動するでしょうか? 次の五択から選んでください。

1.特に何もしない

2.強烈な嫉妬を覚え、どうにかして嫌がらせをしてやろうと頭を悩ませる

3.みんなの前で、「次の試験では負けないぞ」とライバル宣言

4.みんなと一緒に、勉強法を教えて貰いに行く

5.親友になろうとあれこれ努力する

さてさて、これと似たような事例は、社会人になってからも頻繁に発生します。(営業など、実績を追求される職場では特に。)

自分より高評価の相手に対し、どのような言動をとっていくかで、人の器は案外簡単に把握できるものなんです。

考え中...

それでは、心理テストの結果を発表します。

1.特に何もしない

経営者の器:0点

他者に対して無関心(もしくは、無行動)というタイプです。

優秀な人材を前にして何のアクションも起こさない人は、経営者の器ではありません。

2.強烈な嫉妬を覚え、どうにかして嫌がらせをしてやろうと頭を悩ませる

経営者の器:10点

自分が一番でないと気が済まず、他者の足を引っ張って蹴落とそうとするタイプです。

経営者になった場合は、他者の意見を聴かないワンマン社長になってしまうかも。人望が薄く、社員をこき使うブラック企業が誕生しそうです。

3.みんなの前で、「次の試験では負けないぞ」とライバル宣言

経営者の器:50点

自分より優れた相手に対し、正々堂々の勝負を持ちかけるタイプです。

人望はそこまで薄くはありませんが、負けず嫌いの性格が、時として大きなトラブルの元となることも。

また、このシチュエーションにおいて、仮に次回の試験でB男に勝ったとしても 大したメリットはなく、負けた場合は「自ら仕掛けた勝負で負けた」というレッテルが貼られることとなります。

「後先を考えず感情で動いてしまいがち」な面があることに注意しましょう。

4.みんなと一緒に、勉強法を教えて貰いに行く

経営者の器:60点

自分より優れている相手からは、貪欲に新しいことを吸収しようとするタイプです。

何の特にもならない "プライド" と、新しい "学び" を天秤にかけて、"学び" を選択できる明晰な頭脳の持ち主です。

ただし、"経営者" というよりは、むしろ "技術者" の器であると言えます。

このタイプの人が経営者になった場合、全ての問題を自分独りで抱え込んでしまい、ストレスで自滅してしまう危険性があります。

5.親友になろうとあれこれ努力する

経営者の器:100点

優れた者がいた場合、自分の仲間に取り込んでしまう、少年漫画の主人公とも言えるタイプです。

「周囲に、自身よりも優秀な人材を集める方法を知っている者、ここに眠る。」 これは、資産総額がビル・ゲイツの数倍だとも言われている、100年前の大富豪"アンドリュー・カーネギー"の墓碑に刻まれている言葉です。

この言葉の通り、組織運営は独りではできません。優れた者から学ぶことも重要ですが、経営者としてそれ以上に大切なことは、優れた者を仲間にすることです。

この手のタイプは、積極的に才能のある人材を受け入れ、社内に活気を生み出し、人望・業績ともに優れた組織を築く、最高の "経営者の器" の持ち主です。

この記事のまとめ

将来あなたは大金持ち?経営者の器かどうかを判定する心理テスト

自分よりも優秀な相手に出会った際の行動、

  1. 特に何もしない経営者の素質ゼロ。
  2. 嫉妬を覚え、嫌がらせワンマンなブラック企業経営者になりそう。
  3. みんなの前でライバル宣言人望は悪くないが、後先考えずに感情で動いてしまいがち。
  4. みんなと一緒に、勉強法を教えてもらう頭脳明晰だが、何でも独りで抱え込みすぎて、自滅してしまう危険性があるかも。
  5. 親友になる優れた者を仲間にできる人は、最高の経営者の器

さて、簡単なようで奥が深いこの心理テスト、"経営者の器" だけではなく "人格の器" を測るテストとしても使える気がします。

皆さんはいかがでしたか??^^

記事のシェアはこちらから facebok Twitter Google+ はてぶ LINE Pocket
HOTNEWSのフォローはこちらから 10年後も価値あるネタを配信中♪ HOTNEWS - facebookページ
サイトマップ(全記事/全タグ一覧) 編集者プロフィール お問い合わせ