自己啓発・人間関係美容・健康恋愛社会・ニュースIT育児・教育

賞味期限の切れてしまった牛乳の活用法5つ

facebookでシェア Twitterでツイート Google+で共有 はてぶに追加 LINEで送る Pocketに追加
賞味期限の切れてしまった牛乳の活用法5つ

賞味期限の切れてしまった牛乳を、そのまま捨てるのは勿体無い! 飲むには少々抵抗があるけれど、古くなった牛乳を何かに利用できないかな〜??

・・・とお考えの貴方。実は牛乳は、そのまま飲んだり料理の材料に使うだけではなく、様々な用途に活用できるんです。

しかも用途によっては、新鮮な牛乳ではなく 賞味期限の切れた少々傷んでいる牛乳の方が、最適な場合もあったり^^

ここでは、まさしく裏ワザと呼ぶべき「賞味期限の切れてしまった牛乳の活用法5つ」をご紹介します。

賞味期限の切れてしまった牛乳の活用法5つ

1.洗濯洗剤(シミ・油汚れ落とし)として活用

なんと牛乳は、洗濯洗剤として活用できます。

例えば、服にボールペンでシミを付けてしまった場合。ボールペンは油性のため、水に比べて脂肪成分のある牛乳によく馴染みます。

そのため、ボールペン汚れを水だけで洗うよりも 牛乳を使用した方が、格段に汚れが落ちやすいんです。

※ ここではボールペン汚れを一例に挙げましたが、牛乳は油汚れ全般に対し効果があります。

それでは、牛乳による油汚れ落としの方法をご紹介します。

まずは、シミ(油汚れ)のついた服の部分を牛乳に浸し、使わなくなった歯ブラシ(もしくは 手もみ)でよく擦ります。その後は 水ですすぐだけ。

たったこれだけなのですが、ビックリするほど油汚れが落ちます。

洗濯機の近くに古い牛乳を常備しておくと、ちょっぴり幸せが増えそうですね^^

2.柔らかい素材でできた衣類の変色を防ぐ

これも洗濯に関連する内容です。

シルクのような柔らかい素材の衣類を洗濯する場合、変色や形の崩れ(=生地の伸び縮み)が気になるところ。

そんな時は、洗濯前に10〜20分ほど衣類を牛乳につけてから 洗濯をしましょう。

牛乳には、生地の変色や伸び縮みを 防止する効果があります。

ところで、「牛乳による洗濯へのメリット」は「ドライクリーニングによるメリット」と似ています。

ドライクリーニングを端的に言い表わせば、「油を使って油汚れを落としたり、水洗いでは傷んでしまう衣類を洗う」こと。

そして牛乳中の脂肪分が、ドライクリーニングの油(=有機溶剤)と似たような効果を発揮するんです。

※ そのため低脂肪牛乳では、普通の牛乳に比べて洗濯効果が半減してしまいます。

3.革製品の汚れ落としや、光沢(ツヤ)出しに効果的

靴やカバンなどの革製品に光沢を出したいなら、牛乳を布につけて磨いてみましょう。 牛乳に含まれる脂肪分が革製品にツヤを出し、見違えるようになります。

※ ただし、余りにも腐りすぎた牛乳で磨いてしまうと、革などを痛める恐れがあるため注意が必要です。(その理由については後述)

また、白い運動靴(スニーカー)や 学校で使用する室内用シューズの汚れを落とす際にも、牛乳を布につけて磨くことは効果的です。

通常の水洗いでは中々落ちない "頑固な汚れ" を落とす際の裏ワザとして、牛乳の活用は覚えておいて損はありません^^

4.手垢落としに効果的(PCキーボードなど)

牛乳は手垢落としにも効果的です。

人がたびたび触って手垢がこびり付き、ベタベタで汚くなってしまった物、・・・いろいろ有るとは思いますが、ここでは一例として、パソコン用のキーボードを挙げてみます。

とは言っても、キーボードの手垢落とし掃除は実に簡単。

綿棒の先に牛乳を軽くつけ、キーボードやキーボードの隙間を磨くだけでOKなんです。

なぜ牛乳が手垢落としに効果的かというと、科学的な理由があります。

古くなった牛乳が腐ることにより、アンモニアなどのアルカリ性の化学物質が発生します。

その発生した化学物質が 手垢に含まれているタンパク質や脂肪を分解するため、綺麗に手垢汚れが落ちるというわけです。

※ なお、上でご紹介した「余りに古くなりすぎた牛乳で革製品を磨くと 革を痛める」理由が、まさにこの「アルカリ性の化学物質」によるものです。

5.牛乳による顔パック(牛乳スキンケアで美肌に!)

牛乳風呂が一時期話題となったように、牛乳には美肌効果が存在します。

牛乳中には 実に114種類もの栄養素が含まれていると言われ、その中には 保水効果のある「セラミド」のように、市販化粧水にも多量に含まれている成分があります。

また、牛乳中には天然のAHA(アルファヒドロキシ酸)が含まれています。このAHAもまた、肌の古い角質を除去する目的で 市販の洗顔フォームなどに含まれている成分です。

牛乳で顔パックをする手順

それでは、牛乳による美肌効果を利用した、牛乳による顔パックの手順をご紹介します。

  1. 約30℃に温めた牛乳をコットンに浸し、顔をたたくように全体へ塗りこみます。
  2. より温かめの牛乳で、顔を優しくマッサージしながら 古い角質を除去します。
  3. 冷たい牛乳をコットンに浸し、顔をたたくようにパックします。
  4. 顔全体に牛乳を行き渡らせた後、ぬるま湯で洗顔します。

※ なお、4で牛乳を洗い落とす時は、しっかり牛乳を落としきらないと、ニキビなどの肌トラブルとなる恐れがあるので注意しましょう。

この記事のまとめ

賞味期限の切れてしまった牛乳の活用法5つ
  1. 洗濯洗剤(シミ・油汚れ落とし)として活用
  2. 柔らかい素材でできた衣類の変色を防ぐ
  3. 革製品の汚れ落としや、光沢(ツヤ)出しに効果的
  4. 手垢落としに効果的(PCキーボードなど)
  5. 牛乳による顔パック(牛乳スキンケアで美肌に!)

賞味期限が切れて古くなってしまった牛乳の、活用方法についてご紹介してみました。

もし興味のある方は、いろいろ牛乳で試してみてください♪(なお、くれぐれも自己責任で。)

何らかのお役に立てましたら幸いです^^

記事のシェアはこちらから facebok Twitter Google+ はてぶ LINE Pocket
HOTNEWSのフォローはこちらから 10年後も価値あるネタを配信中♪ HOTNEWS - facebookページ
サイトマップ(全記事/全タグ一覧) 編集者プロフィール お問い合わせ