自己啓発・人間関係美容・健康恋愛社会・ニュースIT育児・教育
 記事引用につきまして

【顔が痛いっ!】美容整形手術後の謎の痛み、その原因と解消方法3つ

facebookでシェア Twitterでツイート Google+で共有 はてぶに追加 LINEで送る Pocketに追加
【顔が痛いっ!】美容整形手術後の謎の痛み、その原因と解消方法3つ

「美しくなろう」「かっこ良くなろう」と美容整形を受けた私。

以前に比べ、かなり素敵な顔・ナイスバディになれたのは間違いないんだけれど・・・、何故だか原因不明の痛みが!どうしよう(涙)

もしこんな症状の人は、次のような3つの原因が考えられます。

【顔が痛いっ!】美容整形手術後の謎の痛み、その原因と解消方法3つ

1.細菌感染 - 傷口への細菌の侵入

美容整形手術だけではなく、医学手術や抜歯(歯を抜くこと)の際にも言えることなのですが、手術道具や手袋・マスクをどんなに綺麗に消毒したとしても、手術の傷口からは細菌が入ってしまいます。これは、そもそも空気中に数多くの細菌が存在しているためです。

細菌が体内へ侵入すると、傷口がボ〜っと熱を持ったような状態となります。これが酷くなると、高熱が出て意識不明となり、命の危険まで伴うようになります。

しかしご安心を。手術や抜歯後には、必ず病院やクリニックで「抗生剤(抗生物質)」が処方されます。抗生剤とは、言わば「細菌をやっつける特効薬」です。

抗生剤が発明されるまでは、たとえ手術が成功しても、手術後の細菌感染で死亡してしまう例が多かったのですが、現代ではほとんど考えられません。

美容整形後の痛みが この"細菌感染"によるものであれば、処方された抗生剤を飲んで1週間もすれば、自然に痛みは収まってきます。

2.神経が不自然に刺激されている

人体には「神経」という "体中の情報を脳に伝える線" が、至る所に張り巡らされています。それは、手足だけではなく、顔や胸・お尻・内臓にも。

手術とは、身体の一部を人工的に作りなおす行為なわけですが、手術によって神経の一部が、常に引っ張られたり押されたりなど、不自然に刺激される状態になってしまうことがあります。

不自然に刺激された神経はビリビリした感覚を発し、場合によってはその部位が腫れ上がるため、痛みの原因となってしまいます。

神経が刺激されることによって生じる痛みは、細菌感染とは全く関連がありません。そのため、抗生剤は意味がありませんし、血液検査の結果は「異常なし」と判定されます。

抗生剤を2週間以上飲み続けても、一向に痛みが引かない(もしくは悪化している)という場合には、超音波による検査を行える病院を受診して下さい。

また、「神経痛には、西洋医学の薬ではなく 漢方の方が効く」という説もあります。

3.アレルギー反応(免疫の過剰反応)

人の血液中には、外敵から自らを守る「免疫」が備わっていることは有名です。少々の細菌・ウイルスがやって来ても、免疫がやっつけてくれ、身体の健康を守ってくれます。(※ 大きな傷口が開いたりなど、大量の細菌が一度に侵入してきた場合には、上で説明した抗生剤が必要になることもあります。)

この免疫、身体の健康を守るためには 無くてはならないものなのですが、時に暴走してしまい、結果として自分自身を傷つけてしまうことがあります。それが「アレルギー反応」です。

美容整形時に身体に注入した物質(移植した組織・骨の固定に使うピン など)を、免疫が外敵だと誤認し攻撃、炎症を起こしてしまうという訳です。

この場合の治療方法は二種類あり、一つは「原因となっている物質を取り除く」、もう一つは「アレルギー反応を抑える」方法です。

ピンなどの固形物がアレルギーの原因となっている場合には、再手術により取り出すことで、すぐに痛みは収まっていきます。

ヒアルロン酸や脂肪など、固形物以外が原因となっている場合には、手術を行っても体内に取りこぼしてしまう可能性が高いため、アレルギー反応を抑える薬を服用します。薬の副作用が心配な場合は、病院によっては漢方を処方してくれる所もあります。

この記事のまとめ

【顔が痛いっ!】美容整形手術後の謎の痛み、その原因と解消方法3つ
  1. 細菌感染 - 傷口への細菌の侵入処方された抗生剤を飲んで1週間もすれば、自然に痛みは収まってきます。
  2. 神経が不自然に刺激されている超音波検査を行える病院を受診しましょう。
  3. アレルギー反応(免疫の過剰反応)アレルギーの原因を突き止め、原因物質の摘出 または アレルギー反応を抑える薬を服用します。

美容整形を行うお医者さんの腕前も、美容整形を受ける人の体質も、様々です。

「施術後に 炎症が絶対出ない」とは言い切れないため、知識として知っておくに越したことはないですね^^

記事のシェアはこちらから facebok Twitter Google+ はてぶ LINE Pocket
HOTNEWSのフォローはこちらから 10年後も価値あるネタを配信中♪ HOTNEWS - facebookページ
サイトマップ(全記事/全タグ一覧) 編集者プロフィール お問い合わせ