自己啓発・人間関係美容・健康恋愛社会・ニュースIT育児・教育

超回復は筋トレの必須知識!筋肉が発達するメカニズムについて

facebookでシェア Twitterでツイート Google+で共有 はてぶに追加 LINEで送る Pocketに追加
超回復は筋トレの必須知識!筋肉が発達するメカニズムについて

筋トレの効率を上げるためには、「筋肉の超回復」について知っておく必要があります。

基本的な知識を有するか否かによって、物事の作業効率には大きく差が開くもの。そして筋トレにおいては、特に「超回復」に関する知識の有無が、筋トレの成果である「筋肉の発達」に雲泥の差をもたらします。

ここでは、「何故そもそも筋トレ(筋力トレーニング)で筋肉がつくのか?」「筋肉の超回復とは何か?」といった、筋トレの効率アップに欠かせない基礎知識についてご紹介します。

超回復は筋トレの必須知識!筋肉が発達するメカニズムについて

1.【筋トレの種類】筋トレって何だろう?

筋トレとは「筋肉に負荷をかけて筋力を強化するトレーニング」のことです。

筋肉に負荷をかけると聞いて真っ先に思いつくものと言えば、やはりバーベルやダンベルなどの「ウェイト・トレーニング(=重たい物を持ち上げるトレーニング)」ではないでしょうか?

筋トレの種類には、ウェイト・トレーニング以外にも、「ゴムチューブ(バネ)を引っ張る」といった弾力を利用する方法、空気圧や水圧を利用する方法、懸垂・腕立てといった「自重(自分の体重)を利用する方法」などがあります。(※ 自重を利用した筋トレもウェイト・トレーニングに含まれる場合があります。)

どの筋トレ方法が特に優れているということはなく、どんなやり方でトレーニングを行ったとしても、正しいフォーム・正しい回数・正しい栄養摂取・正しいアフターケア が守られていれば、確実に筋力はアップして行きます。

2.超回復こそ、筋トレで筋肉が発達するメカニズム

筋トレによって筋肉が発達するメカニズムには、人体の持つ「自己治癒力」と「超回復」という仕組みが、大きく関わっています。

例えば、転んで怪我をしヒザから出血したとしても、流れ出ていた血は数分で固まりカサブタとなり、カサブタも数日たてば自然に剥がれ、元の綺麗な肌が蘇ります。

このように「自らの身体で壊れた箇所(傷ついた箇所)が発生した場合、元通りに治す力」のことを「自己治癒力」と呼びます。

さて、身体が自己治癒を行う際は、大抵の場合 "元通り" の体組織を復元(回復)させようとします。

皆さんはこのような話を耳にしたことはあるでしょうか?「一度折れた骨が治ると、折れる前の骨より丈夫になる」と。

日本中のアチラコチラで囁かれている有名な話なのですが、実はこれ、医学的な根拠の無い全くのデタラメ。折れた骨が治ったところで、折れる前の強度にしか戻りません。

しかし「筋肉」については非常に興味深いことに、一度壊れた筋肉が自己治癒力により回復した場合には、元の筋肉以上に強くなるということが確認されています。

筋肉が壊れるってどういうこと?と思われるかもしれませんが、上記の「筋肉に負荷をかける筋トレ」とは、言わば「筋肉の組織を破壊する」こと。

そして、超回復とは「壊れた筋肉が回復した後に、元の筋肉以上に力強くなっている現象」のことを意味します。(イメージとしては、漫画ドラゴンボールに出てくるサイヤ人が、死の淵から蘇るたびに大幅に強くなることに似ていますね。 笑)

筋トレによって筋肉組織が破壊 → 自己治癒力により回復 → 超回復により筋肉組織破壊前よりも強くなる。

筋トレとは定期的に行うものですから、この「筋肉組織破壊 〜 超回復」のサイクルは繰り返し行われ、筋肉は徐々に強くなっていきます。これが筋トレで筋肉が発達するメカニズムだったというわけです。

※ なお「筋肉組織の破壊」などと聞くと、筋繊維が断裂するなど 筋肉組織が大きく傷つくようなイメージがありますが、実際は 筋繊維の構造が乱れたり、筋繊維にミクロの傷が生じる程度です。

しかし、自らの筋力を超えた無茶な筋トレを行うと、本当に筋繊維が断裂してしまう場合もありえます。筋トレにおいて無理禁物です。

3.効率的な筋トレとは?

効率的な筋トレのためには、上でご説明した「超回復」のメカニズムにそって、筋トレメニューや筋トレ頻度を調整します。

筋肉が「筋肉組織破壊 〜 超回復」のサイクルが繰り返されることで発達することは、上述したとおり。

つまり「より効果的に筋肉組織を破壊し、より効果的に筋肉組織の超回復を促す」ことが、効果的な筋トレのポイントになるということです。

この記事のまとめ

超回復は筋トレの必須知識!筋肉が発達するメカニズムについて
  1. 【筋トレの種類】筋トレって何だろう?筋トレとは「筋肉に負荷をかけて筋力を強化するトレーニング」のことです。様々な筋トレ方法がありますが、どんな方法であっても 正しいやり方が守られていれば、確実に筋力はアップして行きます。
  2. 超回復こそ、筋トレで筋肉が発達するメカニズム「筋肉組織が破壊 → 自己治癒力により回復 → 超回復により破壊前よりも強くなる」のサイクルを繰り返すことが、筋トレで筋肉が発達するメカニズムです。
  3. 効率な筋トレとは?より効果的に筋肉組織を破壊し、より効果的に筋肉組織の超回復を促すことが、効率の良い筋トレのポイントとなります。

筋トレを行う上で最も基礎となる、「超回復」と「筋トレのメカニズム」についてお伝えしました。

この超回復の知識を元にした、より具体的な筋トレ方法・筋トレと食事の関係などについては、後ほど別記事でご紹介します。乞うご期待!

皆さんが素敵なナイスバディを作る際のご参考になれば幸いです^^

記事のシェアはこちらから facebok Twitter Google+ はてぶ LINE Pocket
HOTNEWSのフォローはこちらから 10年後も価値あるネタを配信中♪ HOTNEWS - facebookページ

タグ:

[筋トレ]
サイトマップ(全記事/全タグ一覧) 編集者プロフィール お問い合わせ