自己啓発・人間関係美容・健康恋愛社会・ニュースIT育児・教育
 記事引用につきまして

【iPhoneの歴史】初代iPhone〜iPhone6Plusまで、iPhoneはどう進化してきたのか?

facebookでシェア Twitterでツイート Google+で共有 はてぶに追加 LINEで送る Pocketに追加
【iPhoneの歴史】初代iPhone〜iPhone6Plusまで、iPhoneはどう進化してきたのか?

いよいよ待ちに待ったiPhone6・iPhone6Plusの発売が、間近に迫ってきています!

初日予約台数は400万台と、過去最高ペースなんだとか^^

それでは、ここらで一発「初代iPhone〜iPhone6Plusまで、iPhone進化の歴史」を振り返ってみることにしましょう♪

【iPhoneの歴史】初代iPhone〜iPhone6Plusまで、iPhoneはどう進化してきたのか?

【初代iPhone】携帯電話業界を震撼させる大革命

2007年1月9日に開催された "MacWorld Expo 2007" にて、当時AppleのCEOであるスティーブ・ジョブス氏は、突如としてiPhoneを発表しました。

iPod(デジタルオーディオプレイヤー)・通話機能・インターネット/電子メールの機能をあわせ持つ、全く新しいタイプの携帯型情報端末の発表に、メディアもアメリカ国民も大注目!

同年6月29日の発売日には、iPhoneを手に入れようとする人々でAppleストアに長蛇の列ができました。(※ 初代iPhoneはアメリカ国内でのみ発売。)

初代iPhoneの発売当時、日本ではガラ携の絶頂期。

ガラ携メーカー各社が、様々なオリジナル機能を備えた新商品を乱立させている日本。・・・iPhoneがガラ携にありがちな「物理キーボード」ではなく「ソフトウェアキーボード」であったこと、日本独自の携帯コンテンツにiPhoneが未対応なことから、専門家の間ですら「iPhoneは日本では受け入れられないだろう」とする見方が強かったようです。

※ 物理キーボード:下記写真のように、文字ボタンが携帯画面の外に独立して存在しているもの。これとは逆に、文字入力の際に画面内に自動で文字ボタンが表示されるものを「ソフトウェアキーボード」と言います。

ハードウェアキーボード端末の例

初代iPhoneの主なスペック

  • iOS:iPhone OS 1.0 〜 iPhoneOS 3.1.3
  • CPU:ARM 1176JZ(F)-S 412MHz。L2キャッシュ:なし
  • メモリ:LPDDR SDRAM 128MB
  • ストレージ:4GB, 8GB, 16GB
  • ディスプレイ:3.5インチ(画面縦横比3:2)、163ppi
  • センサー:現在位置取得、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー
  • カメラ(背面):200万画素。動画撮影機能:なし
  • カメラ(正面):なし
  • バッテリー:1,400mAh
  • SIM:mini SIM
  • 色:シルバー

【iPhone3G】日本で初めて販売されたiPhone

2008年6月9日、"WWDC 2008"にてiPhone3Gが発表されました。そして日本を含む世界22地域にて、同年7月11日に発売開始。

初代iPhone発表当時の専門家たちの予想は覆され、iPhoneは日本中で大人気。発売日には日本各地で長蛇の列ができ、iPhone旋風が巻き起こりました!

また、今ではすっかりお馴染みになったAppStoreがサービスを開始したのも、このiPhone3G発売と同時でした。

さて、当時Appleは「iPhoneを取り扱うのは、1ヶ国につき1キャリアのみ」という方針を取っており、日本では孫正義氏の熱意によってsoftbankが選ばれました。

iPhone発売前までの 日本における携帯キャリア各社のイメージは、「ビジネスの場ではdocomo、お洒落な人はau、貧乏人はsoftbank」というもの。softbankユーザと言えば、docomoユーザ・auユーザから馬鹿にされる対象でした。

しかしiPhoneの発売に伴い、それまでのsoftbankに対する負のイメージは一気に払拭。「iPhoneに社運をかける」として一世一代の大勝負に出た孫正義社長の手腕は、お見事という他ありません^^

iPhone3Gの主なスペック

※ 初代iPhoneとの変更点は太字

  • iOS:iPhone OS 2.0 〜 iOS 4.2.1
  • CPU:ARM 1176JZ(F)-S 412MHz。L2キャッシュなし
  • メモリ:LPDDR SDRAM 128MB
  • ストレージ:8GB, 16GB
  • ディスプレイ:3.5インチ(画面縦横比3:2)、163ppi
  • センサー:GPS、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー
  • カメラ(背面):200万画素。動画撮影機能無し。
  • カメラ(正面):なし
  • バッテリー:1,150mAh
  • SIM:mini SIM
  • 色:ホワイト、ブラック

初代iPhone → iPhone3Gへの大きな変更点は、何と言ってもGPSチップが搭載されたこと。

これにより位置情報をメートル単位で取得できるようになり、さらにAppStoreがサービス開始したことで、位置情報を利用したアプリが次々に登場するようになります。

【iPhone3GS】MMSに対応し、動画撮影が可能になったiPhone

2009年6月9日、"WWDC 2009"にてiPhone3GSが発表されました。そして同年6月26日に日本で発売開始。

iPhone3Gに比べ最大2倍も処理性能が高速化し、バッテリー寿命も伸びました。

さらに、ビデオ撮影機能・音声コントロール・アクセシビリティ・デジタルコンパスといった、昨今のiPhoneでは当たり前となっている機能が追加されたのも、iPhone3GSです。

またMMSに対応し、"◯◯◯@i.softbank.jp" だけではなく "◯◯◯@softbank.ne.jp" のメールアドレスを送受信することが可能となりました。

iPhone3GSの主なスペック

iPhone3Gとの変更点は太字

  • iOS:iPhone OS 3.0 〜 iOS 6.1.6
  • CPU:Samsung S5PC100 600MHz。L2キャッシュ:256KB
  • メモリ:LPDDR SDRAM 256MB
  • ストレージ:8GB, 16GB, 32GB
  • ディスプレイ:3.5インチ(画面縦横比3:2)、163ppi
  • センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー
  • カメラ(背面):300万画素。動画撮影:VGA-30fps
  • カメラ(正面):なし
  • バッテリー:1,219mAh
  • SIM: mini SIM
  • 色:ホワイト、ブラック

【iPhone4】Retinaディスプレイを初めて搭載したiPhone

iPhone4画像元

2010年6月7日、"WWDC 2010"にてiPhone4が発表されました。そして同年6月24日に発売開始。

iPhone4では、背面がそれまでの「丸みを帯びたポリカーボネート製」から「平坦な強化ガラス製」となり、小型化が図られました。

また、これまでは他社製品を使用していたCPUから、AppleオリジナルCPUへと移行(Apple A4)。そしてディスプレイ解像度も、「Retinaディスプレイ」と呼ばれる高精細の液晶画面を採用しました。(このRetinaディスプレイの解像度は、なんとiPhone3GSの4倍です!)

iPhone4の発売前に初代iPadが発表・発売されたこともあり、それまでは「iPhone OS ◯◯」と名付けられていたOSが、iPad, iPhone, iPod touchにて共通で使用可能という意味をこめて「iOS ◯◯」という名称に変更されたのも、ちょうどこの頃。

また、iPhone4の16GBは、世界で初めてsoftbankが「新機種の端末代金-実質無料キャンペーン」を行ったことでも話題を呼びました。

iPhone4の主なスペック

iPhone3GSとの変更点は太字

  • iOS:iOS 4 〜 iOS 7.1.2
  • CPU:Apple A4 800MHz。L2キャッシュ:640KB
  • メモリ:LPDDR SDRAM 512MB
  • ストレージ:8GB, 16GB, 32GB
  • ディスプレイ:3.5インチ(画面縦横比3:2)、326ppi
  • センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ
  • カメラ(背面):500万画素。動画撮影:HD720p-30fps
  • カメラ(正面):30万画素。動画撮影:VGA-30fps
  • バッテリー:1,420mAh
  • SIM:micro SIM
  • 色:ホワイト、ブラック

※ iOS 4から、マルチタスク(複数のアプリを同時に動かす)機能、ホーム画面のフォルダ分け機能、がサポートされました。

【iPhone4s】スティーブ・ジョブス最期の遺品

2011年10月5日、iPhone4Sが発表されました(※ 当初 'iPhone4S' という表記だったのですが、後にiPhone5sが発表されたことで、4S → 4sに表記変更)。そして日本を含む世界7地域で、同年10月14日に発売開始。

CPUにApple5チップを搭載し、グラフィック性能はiPhone4の7倍にまで向上しました。

800万画素の静止画撮影や、FullHDの動画撮影が可能になり、カメラの性能が一昔前のデジカメ並に進歩。さらに、ストレージに64GBモデルが登場したのもiPhone4Sからです。

また、このiPhone4Sに搭載されているiOS5から、Appleのクラウドサービスである「iCloud」が始まりました。そして、利用者の音声で応答や処理を行う「Siri(自然言語処理システム)」が登場したのも、同OSからです。

・・・ところで非常に残念な出来事ですが、iPhone4Sが発売される少し前に、IT業界の巨星スティーブ・ジョブズ氏が亡くなりました。そのためiPhone4Sは「スティーブ・ジョブス最期の遺品」ということも後押しし、世界中で人気が大爆発!

なお日本においては、iPhone4Sからsoftbankの独占販売が崩れ、auでもiPhoneが取り扱われるようになりました。

iPhone4sの主なスペック

iPhone4との変更点は太字

  • iOS:iOS 5 〜 未定
  • CPU:Apple A5 800MHz。L2キャッシュ:1MB
  • メモリ:LPDDR2 SDRAM 512MB
  • ストレージ:8GB, 16GB, 32GB, 64GB
  • ディスプレイ:3.5インチ(画面縦横比3:2)、326ppi
  • センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ
  • カメラ(背面):800万画素。動画撮影:FullHD1080p-30fps
  • カメラ(正面):30万画素。動画撮影:VGA-30fps
  • バッテリー:1,420mAh
  • SIM:micro SIM
  • 色:ホワイト、ブラック

※ パノラマ撮影・静止画撮影時の顔検出、ロック画面でのカメラアクセス機能が追加されたのは、iOS5からです。

【iPhone5】LTE初対応のiPhone

2012年9月12日にiPhone5が発表。日本を含む世界の9カ国にて、同年9月21日に発売開始。

iPhone4Sまでは3.5インチ画面でしたが、iPhone5からは縦長の4インチ画面になりました。

iPhone4Sと比較し、CPUとグラフィック性能が最大2倍まで向上。さらに、3G通信の次世代通信である「LTE」に対応したのも同モデルからです。

また、外部との接続ケーブルに、従来までのDockコネクタではなく、新たな「Lightningコネクタ」が採用されました。

ところで、iPhone5ではiOS6が初期OS。このiOS6からは、iOS5まで標準装備されていたGoogleMap・YoutubeといったGoogle製アプリが削除され、地図はApple製アプリへと変更。また、Facebook・TwitterとiOSとの連携が強化されました。

・・・しかし、Apple製の地図アプリは、その余りの精度の低さ故にiPhoneユーザから苦情が殺到。(かの有名な「パチンコガンダム駅」騒動は、覚えている方も多いのではないでしょうか?^^)

iPhone5の日本での販売キャリアは、4Sの時と同じくsoftbankとau。そのため、どちらの通信回線の質が良いか、二社の間で競争が繰り広げられました。

auが販売当初からテザリングOKと発表するやいなや、softbankもテザリング解禁を急遽発表。また、LTE網を強化するためsoftbankがイー・アクセスを完全子会社化する(2012年10月1日)など、iPhone5発売を機に、通信業界に慌ただしい動きがありました。

iPhone5の主なスペック

iPhone4sとの変更点は太字

  • iOS:iOS 6 〜 未定
  • CPU:Apple A6 1.3GHz。L2キャッシュ:1MB
  • メモリ:LPDDR2 SDRAM 1GB
  • ストレージ:16GB, 32GB, 64GB
  • ディスプレイ:4インチ(画面縦横比16:9)、326ppi
  • センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ
  • カメラ(背面):800万画素。動画撮影:FullHD1080p-30fps
  • カメラ(正面):120万画素。動画撮影:HD720p-30fps
  • バッテリー:1,440mAh
  • SIM:nano SIM
  • 色:ホワイト、ブラック

【iPhone5s/iPhone5c】携帯主要キャリア三つ巴の戦いが始まる

2013年9月10日、Apple本社にてiPhone5sとiPhone5cが発表。日本を含む11地域で同年9月20日より販売が開始されました。

iPhone5cは、iPhone5sの廉価版(機能制限版)。そのぶん価格が安くなるため、低所得者層向けにシェアを拡大しようというAppleの狙いがあったと言われています。

しかし、廉価版のiPhone5cであってもAndroid携帯に比べると割高であったため、またもや世界中から苦情が殺到。この件についてAppleCEOのティム・クック氏は「低価格の電話を売ることを目標にしたつもりはない」とコメントしましたが、・・・真相はいかに?

iPhone5sは画面サイズこそiPhone5と大きく差がないものの、CPUに大きく改良が加えられています。

iPhone5sに搭載されている「Apple A7」は、スマートフォン初となる64bitCPU。その処理速度はiPhone5に比べて最大2倍まで向上しているとのこと。

さらにApple A7とは別に、モーション処理用のチップである「Apple M7」を搭載。これにより、加速度センサー・ジャイロセンサー・電子コンパス等の処理がCPUから切り離され、CPU負荷が軽減。そのお陰でバッテリー消費が改善されました。

また、iPhone5sには「指紋認証センサー(Touch ID)」が搭載され、パスワードではなく指紋認証でiPhoneのロックを解除することが可能となっています。

そしてiPhoneの歴史を語る上で無視できないのが、「iPhone5s/5cからNTT docomoがiPhoneの取り扱いを開始した」ということ。

これにより、携帯主要キャリア3社(docomo, au, softbank)の三つ巴の戦いが、iPhone戦線でも繰り広げられるようになりました。(もちろん、我々消費者にとっては良い傾向です^^)

iPhone5cの主なスペック

iPhone5との変更点は太字

  • iOS:iOS 7 〜 未定
  • CPU:Apple A6 1.25GHz。L2キャッシュ:1MB
  • メモリ:LPDDR2 SDRAM 1GB
  • ストレージ:8GB, 16GB, 32GB
  • ディスプレイ:4インチ(画面縦横比16:9)、326ppi
  • センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ
  • カメラ(背面):800万画素。動画撮影:FullHD1080p-30fps
  • カメラ(正面):120万画素。動画撮影:HD720p-30fps。
  • バッテリー:1,510mAh
  • SIM:nano SIM
  • 色:ブルー、グリーン、ピンク、イエロー、ホワイト

iPhone5sの主なスペック

iPhone5との変更点は太字

  • iOS:iOS 7 〜 未定
  • CPU:Apple A7 1.3GHz。L2キャッシュ:1MB。64bit
  • メモリ:LPDDR3 SDRAM 1GB
  • ストレージ:16GB, 32GB, 64GB
  • ディスプレイ:4インチ(画面縦横比16:9)、326ppi
  • センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ、指紋認証(Touch ID)
  • カメラ(背面):800万画素。動画撮影:FullHD1080p-30fps。スローモーション:HD720p-120fps
  • カメラ(正面):120万画素。動画撮影:HD720p-30fps。
  • バッテリー:1,560mAh
  • SIM:nano SIM
  • 色:スペースグレイ、シルバー、ゴールド

【iPhone6/iPhone6 Plus】更なる大画面化とNFC搭載

2014年9月9日、iPhone6/iPhone6Plusが発表されました。日本を含む10の地域にて同年9月19日より発売予定です。

iPhone5s/5cと同様に docomo, au, softbankの3キャリアから発売される他、なんとAppleストアにおいてもSIMフリーモデルが発売されるとのこと!

iPhone5sに比べ画面サイズが大きくなり、iPhone6は4.7インチ、iPhone6Plusは5.5インチ(千円札とほぼ同じ大きさ)となります。

CPUはApple A8が搭載され、iPhone5sに比べて25%の高速化、グラフィック性能については50%の高速化を実現。

iPhone5sから搭載されたモーションプロセッサは、iPhone6/6Plusでは「Apple M8」を搭載。従来プロセッサの機能に加え、新しく「気圧(高度)」が測定可能となっています。

また、"おサイフケータイ"でお馴染みの「NFC(近距離無線通信)」が搭載されているのも注目するポイント。指紋認証と合わせて、iPhoneによる新しい決済手段が誕生するかもしれませんよ!

iPhone6の主なスペック

iPhone5sとの変更点は太字

  • iOS:iOS 8 〜 未定
  • CPU:Apple A8 1.4GHz。L2キャッシュ:1MB。64bit
  • メモリ:LPDDR3 SDRAM 1GB
  • ストレージ:16GB, 64GB, 128GB
  • ディスプレイ:4.7インチ(画面縦横比16:9)、326ppi
  • センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ、指紋認証(Touch ID)、気圧計NFC
  • カメラ(背面):800万画素。動画撮影:FullHD1080p-30fps/60fps。スローモーション:HD720p-120fps/240fps
  • カメラ(正面):120万画素。動画撮影:HD720p-30fps。
  • バッテリー:★mAh
  • SIM:nano SIM
  • 色:スペースグレイ、シルバー、ゴールド

iPhone6 Plusの主なスペック

iPhone5sとの変更点は太字

  • iOS:iOS 8 〜 未定
  • CPU:Apple A8 1.4GHz。L2キャッシュ:1MB。64bit
  • メモリ:LPDDR3 SDRAM 1GB
  • ストレージ:16GB, 64GB, 128GB
  • ディスプレイ:5.5インチ(画面縦横比16:9)、401ppi
  • センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ、指紋認証(Touch ID)、気圧計NFC
  • カメラ(背面):800万画素。動画撮影:FullHD1080p-30fps/60fps。スローモーション:HD720p-120fps/240fps光学手ぶれ補正
  • カメラ(正面):120万画素。動画撮影:HD720p-30fps。
  • バッテリー:★mAh
  • SIM:nano SIM
  • 色:スペースグレイ、シルバー、ゴールド

※ スペックはiPhone6、iPhone6 Plus発売開始前の情報です。

※ 噂の域を出ないスペックに関しては、★表記をしてあります。(後日詳細が判明したら差し替えます。)

この記事のまとめ

【iPhoneの歴史】初代iPhone〜iPhone6Plusまで、iPhoneはどう進化してきたのか?
  1. 【初代iPhone】携帯電話業界を震撼させる大革命2007年6月29日アメリカでのみ発売。当時日本ではガラ携の絶頂期。
  2. 【iPhone3G】日本で初めて販売されたiPhone2008年7月11日softbankより発売。GPSチップ搭載&AppStoreサービス開始により、位置情報を利用したアプリが次々に登場することとなる。
  3. 【iPhone3GS】MMSに対応し、動画撮影が可能になったiPhone2009年6月26日softbankより発売。デジタルコンパスや動画撮影機能が追加され、MMSに対応。
  4. 【iPhone4】Retinaディスプレイを初めて搭載したiPhone2010年6月24日softbankより発売。AppleオリジナルCPUや自撮り用の正面カメラが搭載。「iOS」という名称が使われだしたのもこの頃。iPhone4の初期OSであるiOS4より、マルチタスク機能・ホーム画面のフォルダ分け機能がサポート。
  5. 【iPhone4s】スティーブ・ジョブス最期の遺品2011年10月14日発売(au・softbank)。カメラの性能が飛躍的に向上し、800万画素の静止画撮影・FullHDの動画撮影が可能に。iPhone4sの初期OSであるiOS5より、iCloudやSiriが登場。
  6. 【iPhone5】LTE初対応のiPhone2012年9月21日発売(au・softbank)。縦長の4インチ画面、LTE対応、Lightningコネクタ等を採用。メモリが1GBに到達。
  7. 【iPhone5s/iPhone5c】携帯主要キャリア三つ巴の戦いが始まる2013年9月20日発売(docomo・au・softbank)。スマートフォン初となる64bitCPU。また、モーション処理用のチップである「Apple M7」を搭載。
  8. 【iPhone6/iPhone6 Plus】更なる大画面化とNFC搭載2014年9月19日よりdocomo・au・softbankより発売予定。また、Appleストアからはシムフリーモデル発売予定。4.7インチ・5.5インチの縦長画面採用。気圧計・NFC搭載。

初代iPhone〜iPhone6Plusまでの歴史を、スペックやモバイル業界のニュースと共にまとめてみました^^

こうしてみると、僅か7年足らずの間に、凄まじい勢いでiPhoneが進化してきたんだということが分かります。

スマートフォンだけではなく、iWatch や Google Glass といった全く新しいデバイスも登場している昨今、・・・これからどのようにテクノロジーが発展していくのか、ますます目が離せませんね♪

記事のシェアはこちらから facebok Twitter Google+ はてぶ LINE Pocket
HOTNEWSのフォローはこちらから 10年後も価値あるネタを配信中♪ HOTNEWS - facebookページ
脳トレにオススメな、大人向けジグソーパズル

大人向けジグソーパズル(無料)スマホ対応

↑大人向けのジグソーパズルが、無料で100種類以上!
(幼児・キッズ向け や 動画ジグソーパズルも合わせると、350種類以上!)

ダウンロード不要&登録不要。
「ジグソーパズル無料アプリ」のようですが、サイトを表示するだけで即遊べます♪




サイトマップ(全記事/全タグ一覧) 編集者プロフィール お問い合わせ