自己啓発・人間関係美容・健康恋愛社会・ニュースIT育児・教育

【一目置かれる人へ!】大物になるために心掛けたい8つのこと

facebookでシェア Twitterでツイート Google+で共有 はてぶに追加 LINEで送る Pocketに追加
【一目置かれる人へ!】大物になるために心掛けたい8つのこと

ビジネスでもプライベートでも、人と会話をしていて「う〜ん、この人は大物だ!」と、思わず一目置いてしまう人っていますよね?

「大物はオーラが違う」と表現されることもありますが、では "大物のオーラ" とは一体何でしょうか?

ズバリ大物のオーラとは、その人が今までに味わってきた 苦労・ストレス・プレッシャー・人間関係の厳しさ・成功体験 などが糧となり、意図せず身に纏うようになった「他者に信頼や威圧感を与える仕草・言動」のことです。

本当の大物は、意図せずこういったオーラを身にまとっているわけですが、少しでも大物に近づきたい我々は、まずは形からでも大物のオーラを真似していきましょう!

ここでは「大物になるために心掛けたい8つのこと」をご紹介します。

【一目置かれる人へ!】大物になるために心掛けたい8つのこと

1.姿勢をピッと正す

大物を観察していると、常に自信に溢れていることに気が付きます。

そして、自信が溢れている様子は様々な仕草から推し量ることができますが、誰の目にも分かりやすい自信の現れが「姿勢」です。

人前では、常に姿勢をピッと正すことを心掛けましょう。堂々としたイメージを与えることができ、自然とヤル気も湧いてきますよ!

2.歩く時は、ゆっくりと大股気味に

歩く際に歩幅を狭くして小走り気味になると、セカセカと落ち着きなく見えてしまいます。

大物は、常に余裕を持って行動するもの。歩く際は「ゆっくりと大股気味」を意識してみましょう。

3.座る時は、イスに深く腰掛けよう

心理学によれば、その人の「自信の程度」が "イスに座る時の深さ" に現れるのだそうです。

イスにお尻の一部だけをチョコンと乗せた座り方では、自信の無さを表しているも同然。そして、そういった仕草は「軽そう」「無責任そう」といった、マイナスの評価に繋がります。

ドッシリとイスに深く腰掛けることで、「頼りがいのある人」というイメージを持ってもらえますよ!

4.喋る時はゆっくりと、低めの声で

上でご紹介した "大物に見える歩き方" にも出てきましたが、ゆっくりとしたテンポは、「落ち着き」や「思慮深さ」を連想させます。

会話に熱が入るとついつい早口になりがちですが、ゆっくりと喋ることを心掛けましょう。そうすることで威厳が出てきます。

また、「威厳」という面においては、低めの声で話すことも効果的。低い声は、それだけで喋っている内容に重みを感じさせるんです。

イザという時に声色を使い分けれるようになれば、大物に一歩近づくことができますよ!

5.喋らないことも立派な話術。沈黙を武器に

"底の浅い人間" というイメージを与えやすいのが、会話の節々に「え〜っと」や「う〜んと」といった、意味のない言葉を入れてしまう行為。

「会話が続かないのは気まずい」と思いこみ、言葉に詰まった際や考えている最中に、ついつい「え〜っと」を連発してしまうのです。

そういった人が知っておくべきは、「喋らないことも立派な話術である」ということ。意図的に会話の間(ま)を開けることで、間を開ける前後の言葉に重みが出てくるんです。ぜひ、沈黙を武器に変えてみましょう!

なお、相手の緊張や警戒心を解くために、わざと「え〜っと」や「う〜んと」といった言葉を使用し、親しみやすいイメージを与える場合もあります。

相手に合わせて、喋り口調を即座に切り替えれるようになれば、大きな武器となることは間違いありません。

6.怒らず、常に笑顔で

「弱い犬ほどよく吠える」というコトワザがありますが、自分に自信の無い人ほど、すぐ感情的になって怒りを露わにします。

「人は図星をつかれると 最も腹が立つ」とも言いますが、よく怒る人はそれだけ自信がなく、他人に触れられたくない欠点が多くあるということです。

計算高い大物であるほど、怒ることが疲れるだけで何の解決にもならないということを、熟知しています。

怒るのではなく常にニコニコし、自分の底を見せない方が、何倍も威圧感が出てきますよ!

7.傲慢にならず、謙遜に

大物であればあるほど、「威張りちらすよりも、他者から学んだ方が何百倍も賢い」や「人の心を掴むことの重要性」を熟知しています。

傲慢で自慢ばかりする人に、誰が新しいことを教えてくれるでしょうか? また、いかに優れた人であっても、独りで大きな事を成すことはできません。必ずチームワークが必要になってくるのですが、傲慢な人の元に誰が集まってきてくれるというのでしょうか?

謙遜な人は何処へ行っても歓迎されます。「実るほど頭を垂れる稲穂かな」を、ぜひ実践したいですね。

8.その場に居ない人の悪口(陰口)は厳禁

職場で円満な人間関係を築くために知っておきたい5つのこと でもご紹介しましたが、人生の鉄則に「成功者は その場に居ない人を褒める。愚者は その場に居ない人を蔑む。」というものがあります。

誰かに言いたいことがある場合には、その相手と1対1で、面と向かって会話するのならば問題ありません。しかし、本人の居ないところでネチネチと陰口を叩くのは、絶対に止めましょう。

陰口は、周囲からの自身に対する評価も落としてしまいます。また、陰口を叩く人は、自分自身も必ず陰口を叩かれているということを、肝に命じておくべきです。

陰口を叩く人は、決して大物にはなれませんよ!

この記事のまとめ

【一目置かれる人へ!】大物になるために心掛けたい8つのこと
  1. 姿勢をピッと正す堂々としたイメージを与えることができ、自然とヤル気も湧いてきます。
  2. 歩く時は、ゆっくりと大股気味に歩幅を狭くして小走り気味に歩くと、セカセカ落ち着きなく見えてしまいます。
  3. 座る時は、イスに深く腰掛けよう「頼りがいのある人」というイメージを与えることができます。
  4. 喋る時はゆっくりと、低めの声で威厳が出て、喋っている内容に重みを感じさせます。
  5. 喋らないことも立派な話術。沈黙を武器に意図的に会話の間(ま)を開けることで、間を開ける前後の言葉に重みが出てきます。
  6. 怒らない、常に笑顔で「弱い犬ほどよく吠える」。怒るのではなく常にニコニコし、自分の底を見せない方が、何倍も威圧感が出ます。
  7. 傲慢にならず、謙遜に「実るほど頭を垂れる稲穂かな」を実践しましょう。
  8. その場に居ない人の悪口(陰口)は厳禁陰口を叩く人は、自分自身も必ず陰口を叩かれます。また、陰口は周囲からの自身に対する評価も落としてしまいます。

目指せ大物!

みなさんが大物になるための、お役に立てましたら幸いです^^

記事のシェアはこちらから facebok Twitter Google+ はてぶ LINE Pocket
HOTNEWSのフォローはこちらから 10年後も価値あるネタを配信中♪ HOTNEWS - facebookページ
サイトマップ(全記事/全タグ一覧) 編集者プロフィール お問い合わせ