自己啓発・人間関係美容・健康恋愛社会・ニュースIT育児・教育
 記事引用につきまして

【いつまでもフサフサな髪へ!】ハゲ・薄毛・抜け毛を予防するために気をつけたい6つのこと

facebookでシェア Twitterでツイート Google+で共有 はてぶに追加 LINEで送る Pocketに追加
【いつまでもフサフサな髪へ!】ハゲ・薄毛・抜け毛を予防するために気をつけたい6つのこと

「女性はハゲない」や「若者はハゲない」なんて言われていたのは、もはや一昔前の話。

昨今は若者や女性であっても、抜け毛・円形脱毛症で悩んでいる人が増えています。

その大きな理由は、パーマ・脱色・カラーリングといった「髪に負担が掛かるヘアースタイル」の台頭、シャンプーのし過ぎ、生活習慣の乱れ、ストレス、etc...、多岐に渡ります。

それらの理由全てを取り除くことは難しいですが、少しでも髪に良い習慣をつけ、ハゲ・抜け毛を防止したいですよね?

ここでは、いつまでもフサフサな髪でいるための「ハゲ・抜け毛を予防するために気をつけたい6つのこと」をご紹介します。

【いつまでもフサフサな髪へ!】ハゲ・薄毛・抜け毛を予防するために気をつけたい6つのこと

1.髪に必要な栄養を摂ろう

髪の毛だけではなく美容全般に言えることですが、偏った食生活や喫煙の習慣があるにも関わらず、「いくら頑張っても綺麗にならないよ〜」と悩むのは、とても愚かなこと。

いくら腕の良い大工さんでも、材料が無いと家を建てられませんよね?髪の毛もこれと全く同じ。ハゲ・抜け毛を引き起こす全ての要因を取り除いたとしても、髪の毛を作る材料が身体の中に無いと、髪はまともに生えることができません。

髪の毛の元となっている成分は、タンパク質・鉄分・亜鉛・ビタミンB12・ビタミンE などです。

これらの成分が多く含まれている食品は、肉、魚、大豆類、ナッツ、緑色の野菜、わかめ・ひじき等の海草類 など。

丈夫な髪の毛を作るためには、これらの食品を意識して食べるように心掛けましょう!

2.頭皮マッサージをしよう

髪に必要な栄養を充分に摂った後は、その栄養を、髪の毛が作られる場所である「毛根」まで届けなければいけません。そして身体中の栄養は、全て血管を通して運ばれます。

そのため、毛根のある頭皮を、定期的にマッサージするようにしましょう。頭皮マッサージをすることで毛根周辺の血行が改善され、毛根に栄養が行き渡りやすくなるんですよ!

また、頭の上部には、体の調子を整えるツボが至る所に存在します。頭皮マッサージをすることで それらのツボが刺激され、目の疲れや偏頭痛の改善にも繋がるという、まさに一石二鳥のメリットがあります。

頭皮マッサージの方法

頭皮マッサージの方法ですが、まず始めに、耳の上辺りに中指、こめかみ辺りに小指、首の斜め後ろに親指をあて、頭の両脇を左右の手で覆うように手をおきます。

そして、5本の指でグルグルと円を描くように、下から上へとマッサージをしていきます。この時、爪を立てると頭皮を傷つけるおそれがあるため、指の腹部分でマッサージを行いましょう。

マッサージを行うと、頭皮の血行が良くなったことを感じれると思います^^

3.喫煙者は、髪のためにタバコを今すぐやめよう

上で、「髪に必要な栄養を摂ろう」「頭皮をマッサージして、毛根に栄養を届けよう」についてご説明しました。

ところで、もし喫煙者で薄毛が気になっている人は、今すぐタバコを止めてください。タバコはこれら2点において、髪に非常に悪影響を及ぼします。

まず、「髪に必要な栄養を摂ろう」ということでしたが、タバコは体内の栄養をドンドンと消費します。髪のためにせっかく意識して栄養を摂ったとしても、タバコを吸っているだけでプラスマイナスゼロ。むしろマイナスかもしれません。それぐらいタバコは、多くの栄養を身体から奪ってしまうんです。

また、「頭皮をマッサージして、毛根に栄養を届けよう」については、タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮し末梢血管の流れを悪化させる働きがあります。つまり、毛根に栄養が届きにくくなってしまうのです!

それ以外にも、肝臓の機能を低下させたり、発がんリスクが高まったりと、まさしくタバコは "百害あって一利なし"。タバコ税も値上がりしお財布にも厳しくなってきた昨今、できるだけ早く禁煙されることをオススメします。

4.ミノキシジルを使ってみよう

「薬に頼ってでも、抜け毛・ハゲを治したい!」という人は、「ミノキシジル(Minoxidil)」を使ってみてください。

これは、米国食品医薬品局(FDA)で唯一承認された 抜け毛・ハゲ治療の特効成分です。実験では、髪で悩む約50%の人に効果があったそうです。

※ 日本でのミノキシジル製品は、大正製薬の "リアップX5" が有名です。

ただし、あくまで「薬」のため、人によっては痒みなどの副作用が出る場合もあります。その点は注意が必要です。

5.ストレスを解消しよう

実は「ストレス」とは、普段我々が思っている以上に、身体を蝕むものです。

ストレスによって胃腸の働きが悪くなったり、酷い場合は胃潰瘍(胃に穴が開いてしまうこと)が発症することは有名ですが、実は髪にもストレスは大敵なんです。

短期間の急激なストレスや、経度でも慢性的にストレスを感じている場合、毛根の働きが低下します。

ストレスの解消法としては、例えば15分間瞑想をしたり、好きな音楽を1曲聴いたりするだけでも効果があります。ぜひ、自分に合うストレス解消法を見つけてください。

6.病院(内科)を受診しよう

「抜け毛の原因を排除し、髪に良いことを幾らやっても、抜け毛・ハゲが改善しない」という場合は、病院を受診してください。

ただし受診する病院は、抜け毛に悩む人がよく行く「皮膚科」ではなく「内科」です。

抜け毛は、他の重篤疾患の症状として現れることがあります。とくに髪に悪いことをした覚えが無いのに、いきなり抜け毛が酷くなった場合には、ぜひ健康診断を受けることをオススメします。

この記事のまとめ

【いつまでもフサフサな髪へ!】ハゲ・薄毛・抜け毛を予防するために気をつけたい6つのこと
  1. 髪に必要な栄養を摂ろう髪の毛の元となっている成分は、タンパク質・鉄分・亜鉛・ビタミンB12・ビタミンE など。これらの成分が多く含まれている、肉、魚、大豆類、ナッツ、緑色の野菜、海草類 などを多く摂りましょう。
  2. 頭皮マッサージをしよう毛根周辺の血行がよくなり、毛根に栄養が行き渡りやすくなります。
  3. 喫煙者は、髪のためにタバコを今すぐやめようタバコは体内の栄養をドンドンと消費します。また、毛根へ栄養が届くのを阻害します。
  4. ミノキシジルを使ってみようミノキシジルは、米国食品医薬品局(FDA)で唯一承認された、抜け毛・ハゲ治療の特効成分です。
  5. ストレスを解消しよう短期間の急激なストレスや、経度でも慢性的にストレスを感じている場合、毛根の働きが低下します。
  6. 病院(内科)を受診しよう抜け毛は、他の重篤疾患の症状として現れることがあります。

皆さんがフサフサヘアを維持するための、お力になれば幸いです^^

記事のシェアはこちらから facebok Twitter Google+ はてぶ LINE Pocket
HOTNEWSのフォローはこちらから 10年後も価値あるネタを配信中♪ HOTNEWS - facebookページ
脳トレにオススメな、大人向けジグソーパズル

大人向けジグソーパズル(無料)スマホ対応

↑大人向けのジグソーパズルが、無料で100種類以上!
(幼児・キッズ向け や 動画ジグソーパズルも合わせると、350種類以上!)

ダウンロード不要&登録不要。
「ジグソーパズル無料アプリ」のようですが、サイトを表示するだけで即遊べます♪




サイトマップ(全記事/全タグ一覧) 編集者プロフィール お問い合わせ