自己啓発・人間関係美容・健康恋愛社会・ニュースIT育児・教育

【お手軽に美肌を!】ほぼ無料で毎日顔パックができちゃう裏ワザ

facebookでシェア Twitterでツイート Google+で共有 はてぶに追加 LINEで送る Pocketに追加
【お手軽に美肌を!】ほぼ無料で毎日顔パックができちゃう裏ワザ

男性女性を問わず、スキンケアに関心がある大勢の人々に愛用されている「顔パック(フェイスマスク)」。

顔パックには「肌に水分を閉じ込める成分」や「美容効果のある成分」が含まれており、顔パックをした後はシットリもちもち肌が誕生します。

そして、定期的に顔パックをすることで、肌質そのものが改善。すると、顔パック直後だけではなく、潤いのある肌が長く持続するようになるんです!


・・・ところで、顔パックはスキンケアにとても効果的なんですが、毎日行うわけにはいきません。

その一番大きな理由が「コスト」。つまり、顔パックは少々お金が掛かるんですよね〜。。。

また、コスト面以外にも、市販の顔パックには防腐剤などが含まれているため、人によっては毎日使用するとアレルギーが出てしまう場合もあります。


肌がもちもちツルツルになる顔パック、コストやアレルギーを考えず、できることならば毎日行いたいですよね?

ここでは、そんな美肌を求める人々にとって夢のような「ほぼ無料で毎日顔パックができちゃう裏ワザ」をご紹介します^^

【お手軽に美肌を!】ほぼ無料で毎日顔パックができちゃう裏ワザ

1.お米のとぎ汁を使った顔パック

お米のとぎ汁

お米のとぎ汁に美肌効果があるのは有名です。

例えば「ご飯を炊く際にお米をといでいると、いつの間にか手がツルツルになった」という経験は、多くの人に覚えがあるのではないでしょうか?

美容医学的に見ても、お米のとぎ汁には、各種ミネラル、ビタミン群(B1・C・E)、フィチン酸(天然の老化防止剤)、オイレン酸(オリーブオイルの主成分)、セラミド&フェルラ酸(肌のシミ防止として一般の化粧品にも含まれている)といった、美肌を成す上で欠かせない成分がたくさん含まれているんです。

この「美容の宝物」ともいうべき "お米のとぎ汁" を、そのまま捨てては勿体無い!

というわけで、キッチンペーパーにとぎ汁を染み込ませて、顔の上にペタっとのせてみましょう。

もちろん、顔だけではなく、全身の肌質が気になる部分にくっつけてもOK。

また、キッチンペーパーのゴワゴワ感が気になる人は、コットンに染み込ませても大丈夫です。

しばらく置いておくと、びっくりするほどツルツルな肌が誕生しますよ^^

・・・こんな簡単なことで本当に効くのかな〜?と思うかもしれませんが、まずは騙されたつもりで試してみましょう。「お米のとぎ汁 + キッチンペーパー」顔パックの効果は、市販顔パックの効果に比べ、大差ありません。

また、冒頭で述べた「市販スキンケア商品のアレルギー問題」も解決できます。(ごく稀に、お米のとぎ汁に触れてアレルギーが発生することもありますが、市販スキンケア商品でアレルギーが発生する率に比べると、問題にならないレベルです。)

よりお米パックの効果を高めるには?

とぎ汁をそのままキッチンペーパーに染み込ませるだけで、十分肌には効果的。しかし、さらに美肌効果をアップする裏ワザをご紹介します。

とぎ汁を容器に移し替え、しばらく置いておきます。すると「上澄み液」と「沈殿物」に分かれるため、上澄み液をコップなどですくってポイ♪

沈殿物内に美肌効果のある成分が多く含まれているため、この沈殿物を利用して顔パックを行うと、より一層効果的なんです。

また、小麦アレルギーでない場合は、沈殿物と小麦粉を混ぜてクリーム状にし、顔や全身に塗ってパックする方法もあります^^

2.ヨーグルトを使った顔パック

ヨーグルト

実は、ヨーグルト(砂糖無添加のもの)を顔に塗るだけで、顔パックの効果があるんです。

美容医学的にみると、ヨーグルトにはビタミン群(A・B2)、フルーツ酸(古い角質の除去)、ペプチド(美肌を作る)といった成分が含まれています。

ヨーグルト適量を手に取り、顔全体に塗り広げ、しばらく置いておくだけでOK。

ドロドロのヨーグルトを顔に塗るのが嫌だという人は、ヨーグルトに小麦粉を混ぜて固さを調節することもできます。

また、ヨーグルトに美白効果のある別のモノを加えても、更なる効果が期待できますよ^^

ヨーグルト顔パックに加えるオススメのもの一覧

ハチミツ
保湿効果が上がります。

トマト
保湿効果・毛穴の掃除効果があります。

にんじん
日焼けや肌荒れなど、肌の炎症全般に効果があります。

※ 固形のものは、すりおろしたり、潰したりしてヨーグルトに混ぜましょう。

この記事のまとめ

【お手軽に美肌を!】ほぼ無料で毎日顔パックができちゃう裏ワザ
  1. お米のとぎ汁を使った顔パックお米のとぎ汁をキッチンペーパーに染み込ませ、顔にのせておくだけでOK。より美肌効果を高めたい場合には、とぎ汁をしばらく置いておき「上澄み液」と「沈殿物」に分かれた後で上澄み液を捨て、残った沈殿物で顔パックをします。
  2. ヨーグルトを使った顔パックヨーグルトを適量手に取り、顔全体に塗り広げ、しばらく置いておくだけでOK。ハチミツ・トマト・にんじん等をすり潰してヨーグルトに混ぜても、さらに顔パックの美肌効果が高まります。

(本文中にも出てきましたが、)こんな簡単なことで、本当に効くのかな〜?と思うかもしれませんが、まずは騙されたつもりで試してみてください。市販顔パックの効果に比べ、大きな違いはありません♪

皆さんが美しいもちもち肌をゲットする、お役に立てれば幸いです^^

記事のシェアはこちらから facebok Twitter Google+ はてぶ LINE Pocket
HOTNEWSのフォローはこちらから 10年後も価値あるネタを配信中♪ HOTNEWS - facebookページ
サイトマップ(全記事/全タグ一覧) 編集者プロフィール お問い合わせ