自己啓発・人間関係美容・健康恋愛社会・ニュースIT育児・教育
 記事引用につきまして

激しい運動で記憶力が向上!BDNF(脳由来神経栄養因子)について

facebookでシェア Twitterでツイート Google+で共有 はてぶに追加 LINEで送る Pocketに追加
激しい運動で記憶力が向上!BDNF(脳由来神経栄養因子)について

息切れするほどの激しい運動により、記憶力が向上するという研究結果が報告されました。

運動することで筋肉が付いたり 脂肪が燃焼するメリットがあるというのは、良く知られているところ。

しかし、運動によって記憶力がアップするというのは、まさに目からウロコ。一体どういうことなのでしょうか??

激しい運動で記憶力が向上!BDNF(脳由来神経栄養因子)について

運動は記憶力にどのような効果をもたらすのか(実験)

アイルランド・ダブリン大学の生理学研究チームは、運動が記憶力に及ぼす影響を調査するため、次のような実験を行いました。

被験者たちをコンピュータの前に座らせ、モニタ上に「他人の顔写真と名前のセット」を次々とスライドで表示します。

全てのスライドを見せ終えた後、今度は「顔写真」のみを表示し、名前を当てさせました。

※ なお この実験の被験者には、日常的にほとんど運動をせず、一日を主に座って過ごす男子学生たちが集められました。

上記の記憶力テストを施行した後、被験者全員を2つのグループに分けます。

そして、1つのグループには30分間の安静が、もう1つのグループには30分間のエアロバイク(=室内で自転車を漕ぐトレーニング)が言い渡されました。

このエアロバイクのスピードは、始めはゆっくりで徐々に速くなり、最後にはハァハァと息切れする程になったそうです。

その後、両グループ共に冒頭の記憶力テストが再施行されました。

運動には記憶力を高める効果があった

実験の結果、30分間のエアロバイクを行ったグループは、運動後の記憶力テスト結果が明らかに向上。

しかし安静にしていたグループは、2回の記憶力テスト結果に ほとんど差が見られなかったそうです。

この実験結果により、「激しい運動には記憶力を高める効果がある」ということが証明されました。

激しい運動が記憶力を高める理由

この実験において研究チームは、各記憶力テストの施行前に 被験者たちの血液を採取していました。

その血液を分析したところ、非常に興味深い事実が判明。なんと激しく運動した後の血液中では、「BDNF(脳由来神経栄養因子)」と呼ばれる成分の値が著しく高まっていたそうです。

※ BDNFとは、脳で生成されるタンパク質の一種。神経細胞(シナプス)の機能向上・健康維持に欠かせない物質です。

「激しい運動をしたグループのみ、1回目の記憶力テスト時に比べ 2回目の記憶力テスト時に、血液中のBDNF数値が高まっていた」ということ。

研究チームはこの結果が、運動で記憶力が高まる謎の解明に繋がると見ています。

「運動によって記憶力が向上する」「運動後にはBDNF数値が大きく高まる」という実験結果を鑑み、研究チームは以下の仮説を立てています。

運動によってBDNFが大量に生成され、そのBDNFには「脳内の記憶保管領域から記憶データを引っ張り出してくる力」を向上させる働きがある。

BDNF(脳由来神経栄養因子)と脳力の関係

記憶力との因果関係が注目されるBDNFですが、実はBDNFには「記憶力以外の脳力も向上させる働きがあるのでは?」という実験結果が報告されています。

米スタンフォード大学の心理学・行動科学研究チームは、「45〜65歳の熟練パイロット144名を対象に、シュミレーション装置を用いた 2年間に及ぶ航空機操縦能力テスト」を行いました。

その結果、BDNFの活動を阻害する変異遺伝子を持つパイロットは、月日が経つにつれ、航空機を操縦する能力がどんどん低下していったそうです。

研究チームのアマド博士は、「BDNFは記憶力だけではなく熟練技術を遂行する力を維持する上でも、非常に重要な役割があるようだ」と分析しています。

ご老人が運転する車で事故が多い理由も、もしかするとこの「BDNFの働きが阻害されている為」なのかも知れませんね。。。


激しい運動が記憶力を高めるという実験結果と、その理由として有力な仮説をご紹介しました。

何らかのお役に立てましたら幸いです^^

記事のシェアはこちらから facebok Twitter Google+ はてぶ LINE Pocket
HOTNEWSのフォローはこちらから 10年後も価値あるネタを配信中♪ HOTNEWS - facebookページ
サイトマップ(全記事/全タグ一覧) 編集者プロフィール お問い合わせ