自己啓発・人間関係美容・健康恋愛社会・ニュースIT育児・教育

雰囲気イケメンになって垢抜けるための条件8つ

facebookでシェア Twitterでツイート Google+で共有 はてぶに追加 LINEで送る Pocketに追加
雰囲気イケメンになって垢抜けるための条件8つ

雰囲気イケメンになって垢抜けるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

恋愛・ビジネスなど様々な重要シーンにおいて、「イケメンであること」が男性の人生を大きく左右することは、もはや疑う余地がありません。

(「ただしイケメンに限る」・・・なんていう身も蓋もない話を、ネット界隈では至るところで目にしますよね^^)

ところで、「イケメン」という言葉が、実は「外見が良いだけの男性を意味するのでは無い」ということ、皆さんはご存知でしたか??

イケメンとは、「イケてる面(=顔がカッコいい)」では無く「イケてるmen(=素敵な男性)」を表す略語です。

つまり、顔・スタイル・内面・雰囲気 の全てに優れている男性が「イケメン」であり、顔やスタイルだけが良い男性は イケメンとは呼べないんです。(※ 諸説あり)

そのため、「ただしイケメンに限る?? ど〜せ俺は生まれつきこの顔・スタイルだから...」と悲観してしまうことは、少々早とちり。

たとえ整った顔や長い脚に恵まれていなかったとしても、内面や雰囲気はいくらでも磨くことが可能。そして、そうした "内面や雰囲気が優れている男性" のことは、イケメンに準えて「雰囲気イケメン」と称されています。

雰囲気イケメンの具体的な定義とは、よ〜く見るとそこまで外見が美しいわけでもないのに、印象(雰囲気)がイケメンっぽく思える男性。

そして、モデルや俳優を志すのでもない限りは、この「雰囲気イケメン」なだけで、充分すぎるメリットがあるんです。

例えば、恋愛において「美形な男性って遠くから眺める分には目の保養になるけれど、実際に付き合いたくはない。むしろ雰囲気イケメンな男性の方が、彼氏にしたいタイプ」という女性は、意外に多いもの。

ここでは、生まれ持った顔やスタイルはそのままに、ダサい男を卒業して垢抜けるための、「雰囲気イケメンになるための条件」をご紹介します。

雰囲気イケメンになって垢抜けるための条件8つ

1.清潔感に溢れていること

雰囲気イケメンになるための最も重要な条件が「清潔感」です。

不潔な印象を相手に与えてしまうことは、絶対にNG。

例えば、皮脂でテカっている髪の毛や、Yシャツの袖口・襟首が黄ばんでいる、歯に歯石が溜まっている などは、言語道断です。

・・・しかし、これらは「不潔な印象」ではなく、ただ単に「不潔」な状態。本人の意識次第では、スグにでも解決することができます。

雰囲気イケメンを目指す上では、むしろ「清潔なはずなのに不潔な印象を与えてしまうこと」(下記参照)の方が、より深刻な問題です。

清潔なはずなのに不潔な印象を与えてしまう失敗例

  • ワックスを付けすぎたベタベタの髪
  • ちょい悪(ワイルド系)を勘違いした、だらしない無精髭
  • アイロンがけされていないYシャツ
  • 洗濯しすぎてヨレヨレになった衣類(毛玉つきのセーターなど)
  • 爪の伸びすぎ
  • 衣類にこびりついた臭い(タバコ・焼き肉など)
  • 後頭部や上着の背中など、気づきにくい部分に付着したフケ
  • クチャラー(=クチャクチャ音を出して食事をすること)
  • 口をポカンとよく開く癖
  • 頭・体・目・鼻の下などを、よくかく癖

人の感性は十人十色だと言われますが、清潔そう/不潔そう の判断基準については、そこまで大きく差が開きません。

ぜひ鏡の前で全身をくまなくチェックし、「もしこんな人が居たら、清潔そうに思えるだろうか?」を、客観的に見直してみましょう。

もし、清潔感溢れる男が鏡の前に立っていたならば、雰囲気イケメンになるための第一段階はクリアです。

2.髪型(ヘアスタイル)にこだわる

髪型には、その人の美的センス・美意識が大きく表れます。

こだわりを感じられないヘアスタイルでは、「お洒落に無関心 = 野暮ったくダサい男」だということを、大声で叫んでいるようなもの。

雰囲気イケメンを目指すのならば、ヘアスタイル写真集を参考にしたり、美容師さんのアドバイスを受けながら、自身の顔・頭の形に似合う髪型を工夫しましょう。

ところで、本物のイケメンのように素敵な髪型にできるのが理想ですが、・・・これから雰囲気イケメンを目指す人にとって、ヘアスタイルをお洒落に仕上げることは かなりハードルが高いのも事実。

慣れないうちは 奇抜なスタイルを避け、あまり力みすぎず「ヘアスタイルに何かしらの努力の跡が見られるだけでOK」だと考えるようにしましょう。(お洒落に関心があるというアピールだけでも、周囲からの評価は上がります♪)

なお、毎朝髪型をセットするのが面倒(しかも、上手にできないよ〜!)という人は、パーマをかけることがオススメです。

「髪全体を持ち上げて ヘアセットを助けてくれる」もしくは「シャンプー後にドライヤーで乾かすだけで、お洒落な髪型をキープできる」というようなパーマも、近頃は存在します。

興味のある人は、ぜひ美容師さんに相談してみましょう。

3.眉毛を整える

髪型に次いで顔の印象を大きく左右するのが、眉毛です。

太すぎてゲジゲジしている眉毛では、清潔感やお洒落とは程遠くなってしまいます。

雰囲気イケメンになるためには、眉毛を整えることも忘れないでください。(たったの15分で、驚くほどカッコよくなれますよ!)

眉毛の整え方として一般的な方法は、眉毛用はさみで全体の長さを揃えた後、細部を眉毛そりでカットし、形を整えていくというもの。

なお、一時期はキリッとした細眉が流行っていましたが、昨今のトレンドはナチュラル風な太眉のようです。

4.顔のテカリやニキビを抑える

顔のテカリや酷いニキビは、雰囲気イケメンとは相容れません。

上でご紹介した「清潔なはずなのに不潔な印象を与えてしまう」にも繋がるため、肌質の改善にはぜひ力を入れたいところです。

顔のテカリやニキビは、脂っこい食べ物の摂り過ぎや、洗顔のし過ぎが原因となっている場合がほとんど。普段の生活を見直してみましょう。

また、顔のテカリが気になる人は、定期的に拭き取ることも有効です。

その際、あぶらとり紙では必要以上に皮脂を奪ってしまうため、ティッシュなどで軽く撫でるように拭き取ります。

参考記事:ニキビの治し方と対策について

5.服装・靴をお洒落にコーディネート

服装や靴をお洒落にコーデすることで、雰囲気イケメンにグッと近づきます。

ここで重要なポイントは、「いかにもキメすぎなファッションは避ける」ということです。

例えば、赤やド派手なピンク、ゴツすぎる革製、刺青風の柄 などはNG。

白・水色・薄ピンクなどのシンプル系コーデで、落ち着いた雰囲気を演出しましょう。

また、「今まで自分がカッコイイと考えてきたファッションは、一旦すべて捨て去ること」も大切です。

(正直な話、「これから雰囲気イケメンを目指すような人が 今までカッコイイと考えてきたコーデ」なんて、察して然るべきでしょう。。。)

初めのうちは、全身のカラーバランス・シルエット・時代の流行 などを考慮したお洒落コーデを考えることは、至難の業。

そのため、慣れるまでは つま先〜頭のテッペンまで、ファッション誌の完全な真似をすることをオススメします。

ファッション誌の真似を続け、「これが雰囲気イケメンになれるコーデだ」ということがある程度分かった段階で、自らの感性を元にしたオリジナルコーデにチャレンジしてみましょう。

6.体を引き締める(細マッチョになる)

体を引き締めて細マッチョになることは、雰囲気イケメンへの近道です。

だらしない太った体型からは、「自堕落な日常生活 → 感性が鈍そう・性格も不真面目そう」と連想されてしまいます。

雰囲気イケメンは 何よりも好印象が大切。体を引き締めて、健康さや爽やかさをアピールしましょう。

体を引き締めることでフェイスライン(アゴのライン)もシャープになり、より小顔に見えるようになります。

また、「男性はペニスの大きさが自信に繋がる」と言われています。

ところがペニスには皮下脂肪が付かないため、太っていて全身に皮下脂肪が付いているような人は、相対的にペニスのサイズが小さく見えてしまうんです。

逆に、体を引き締めることで体に占めるペニスの存在感が増し、男としての自信アップに繋がります。

自信に溢れた姿勢は人を魅了するため、体を引き締めることは 一石二鳥の雰囲気イケメン効果が期待できるでしょう。

なお、いくら体が引き締まっているとは言え、余りにも筋肉ムキムキになりすぎるのは禁物。盛り上がった筋肉は暑苦しい印象を与え、雰囲気イケメンとはかけ離れてしまいます。

雰囲気イケメンになるためには、優男風の細マッチョがベストです。

参考記事:ナイスバディや細マッチョの指標

7.爽やかな笑顔

雰囲気イケメンは、毒気(嫌味や気に障ること)が無く、一緒にいて居心地の良さを感じさせてくれる男性です。

そのためには、爽やかな笑顔が欠かせません。

爽やかで温かみのある笑顔が自然に出てくるよう、普段から笑顔の練習をしておきましょう。

好印象となる笑顔のポイントは、「口角(口の両端)が上がっていて、目尻(目の両端)が下がっている」こと。

口角が下がっていたり、目尻が下がっていないような笑顔では、性悪っぽく見え、相手に不信感を抱かせてしまいます。

なお、笑顔を作るための "口角周りの筋肉" は、18歳ごろから老化が始まると言われています。

普段から笑顔の練習をしておくことは、いざという時の 表情のこわばり防止に繋がるでしょう。

そして 笑顔の練習には、「最後がイ行で終わる言葉を10回以上ハキハキ唱えると良い」と言われています。

(例:カキ、スキー、キムチ、キウイ、ハワイ など)

8.場の空気を読むこと(気配り)が上手

雰囲気イケメンになるためには、場の空気を読むことに長け、周囲への気配りが上手になる必要があります。

そもそも「空気を読む」や「気配り」といった行為は、相手への思いやり無しには成立しません。

相手の発言・行動の裏に隠された感情を敏感にキャッチし、お節介にならない範囲で、相手の望む行動をサッとしてあげられること。

・・・おそらくは、ここまでご紹介した中で最も難しいのが、この "空気を読む・気配り上手になる" という内容です。

自己チューを卒業し、周囲を気に掛けれる余裕を持った男を目指しましょう。

男性からも女性からもモテモテの雰囲気イケメンになれることは、間違いありません♪

この記事のまとめ

雰囲気イケメンになって垢抜けるための条件8つ
  1. 清潔感に溢れていること
  2. 髪型(ヘアスタイル)にこだわる
  3. 眉毛を整える
  4. 顔のテカリやニキビを抑える
  5. 服装・靴をお洒落にコーディネート
  6. 体を引き締める(細マッチョになる)
  7. 爽やかな笑顔
  8. 場の空気を読むこと(気配り)が上手

恋愛・ビジネスなどで好印象となる「雰囲気イケメンになる方法8つ」をご紹介しました。

カッコよく垢抜けて、目指せ!脱ダサい男!!

お役に立てましたら幸いです^^

記事のシェアはこちらから facebok Twitter Google+ はてぶ LINE Pocket
HOTNEWSのフォローはこちらから 10年後も価値あるネタを配信中♪ HOTNEWS - facebookページ
サイトマップ(全記事/全タグ一覧) 編集者プロフィール お問い合わせ