自己啓発・人間関係美容・健康恋愛社会・ニュースIT育児・教育
 記事引用につきまして

肌の乾燥対策!潤いのある美肌のために気をつけたい7つのこと

facebookでシェア Twitterでツイート Google+で共有 はてぶに追加 LINEで送る Pocketに追加
肌の乾燥対策!潤いのある美肌のために気をつけたい7つのこと

美容に関心のある人にとって、肌の乾燥は大敵。

乾燥肌は皮膚がとてもかゆくなるだけではなく、カサカサの白い角質が吹き出て不潔な印象を与えてしまうことも。。。

ここでは、「肌の乾燥対策!潤いのある美肌のために気をつけたい7つのこと」をご紹介します。

肌の乾燥対策!潤いのある美肌のために気をつけたい7つのこと

1.美肌のために、お風呂ではぬるま湯を

美肌を語る上で切っても切れないのが「正しい入浴方法」。

まず、お風呂のお湯は「温かい」と感じる42℃前後ではなく、「ん?ちょっとぬるいかも...」と感じる38℃前後の温度にします。

皮膚からは絶えず様々な潤い成分が分泌されているのですが、お湯の温度が高いほど、その潤い成分が失われやすくなるんです。

肌の乾燥を防ぎたいならば、基本的にはぬるま湯に浸かるべき。しかし、どうしても温かいお湯に浸かりたいという場合には、5分以内を目安に切り上げるようにします。

また、ぬるま湯であっても20分以内にはお湯から上がるようにしましょう。

2.お風呂で体をゴシゴシこするのはNG

スポンジタオルを使用し、お風呂でゴシゴシと全身の垢をこすり落とすのはNG。

肌の保護をしている角質層まで剥がすことになってしまい、一時的に肌が柔らかくなったように感じるものの、今後より一層肌が荒れることになってしまいます。

体を洗う際は、スポンジを使わず、手に直接石けんやボディーソープをつけて泡だて、手で全身を撫でるように洗う方法がオススメです。

また 湯船に浸かっている場合は、湯船に浸かるだけで体汚れの大部分が落ちるため、体を洗う頻度は2〜3日に一度ぐらいで充分。実は、神経質に毎日体を洗う必要なんてないんです!

3.体を拭く際はバスタオルで叩くように

上でご紹介した"体ゴシゴシがNG"だというのは、お風呂で体を洗う時だけではありません。お風呂からあがってバスタオルで体を拭く際にも当てはまります。

タオルを肌にあて、水分を吸収するつもりで1〜2秒ほど軽く押し付けます。(※ この際タオルでゴシゴシこすると、肌が傷ついてしまうので注意が必要です。)

1〜2秒ごとにタオルを押し付ける場所を移動させていき、全身の水分を拭き取っていきます。

4.お風呂あがり後、直ぐに保湿美容液で肌の水分補給を

実はお風呂上がりというのは、肌が非常に乾燥しやすくなっているんです。

その理由は、お風呂での石けん・ボディーソープやお湯の働きによって、肌の皮脂が必要以上に失われてしまったから。

「皮脂」なんていうとニキビの原因のようで汚そうなイメージがありますが、皮脂には"肌の保湿"というとても大切な役割があるんです。

お風呂から上がった後、遅くとも5分以内には保湿効果のある美容液(化粧水・乳液など)を全身に塗る習慣をつけましょう。

また、「高級な美容液を少量」ではなく「多少安い美容液でもタップリ」塗った方が、美肌には良いとされています。

5.肌に最適な温度・湿度を心掛けよう

さて、ここまではお風呂での乾燥肌対策についてご紹介しました。ここからは日常生活での乾燥肌対策をご紹介します。

日常生活における肌に最適な温度は20〜25℃前後、肌に最適な湿度は65〜70%前後と言われています。

そして、湿度が60%を下回ると肌の乾燥が始まるそうです。

秋〜冬は空気が乾燥しがち。例えば東京23区の場合、11月〜3月にかけて湿度が60%を下回る日が多くなります。

また、夏場は逆に冷房を使うことで室内の湿度が60%未満になりがちなので、その点も注意が必要です。

部屋の湿度が下がっている場合には、室内に洗濯物を干したり、洗面器に水を汲んで置いておくだけでも、乾燥対策に効果があります。

6.冷えすぎていない水をよく飲もう

肌の潤いの元となる水分は、化粧水や乳液を使うことで、直接肌からも取り込むことができます。

しかし、それはほんの一部に過ぎません。もちもちした潤いのある肌を維持するためには、体内から肌への水分供給が必要不可欠なんです!

・・・では、体内へ水分を届けるにはどうすれば良いの?というと、それは"よく水を飲むこと"以外に方法はありません。

とは言え、一度に多くの水分を摂り過ぎることは、水毒症や冷え・体調不良の原因となり、健康上のデメリットに繋がります。

それらの点を考慮し、一日に摂るべき水分量の目安は「コップ6杯程度」(※ 食事時に飲む水も含まれています)。これを細かく分けて摂るようにしましょう。

7.乾燥しやすい部位のケアは、特に念入りに

肌の乾燥のしやすさは、全身で同じというわけではありません。

天然の保湿クリームである"皮脂"は、毛穴から分泌されます。そのため、毛穴の少ない部位は乾燥しやすくなります。

そして首〜顔にかけては、毛穴が少ないだけではなく、普段服に覆われていないため風や紫外線に晒されることになり、そういった面からも特に乾燥しやすくなっています。

具体的には、目の周りや口の周り、唇などに、念入りな乾燥ケアが必要です。

目の周りの乾燥対策

目の周りの乾燥ケアには、低刺激の化粧水(もしくは「目もと用」と表記してある化粧水が理想)を使用します。

口の周りの乾燥対策

口の周りの乾燥ケアには、上でご紹介した"目の周りの乾燥対策"で使用した化粧水を使いまわして大丈夫です。

唇の乾燥対策

唇の乾燥ケアには、定番ですがリップクリームを使用します。

唇が乾いた際は、舌でペロッと舐めてしまうことがあるかもしれませんが、余計に唇が乾燥してしまう結果になるため、避けるようにしましょう。

その他、肌の乾燥対策についての注意点

肌の乾燥が激しい人は、化粧水ではなくクリームタイプの物を使うと、潤いが長く持続します。

また敏感肌の人は、一般的な化粧水・保湿クリームではなく、赤ちゃん用のほとんど添加物の入っていないベビーオイルや、赤ちゃん用のリップスティックがオススメです。

赤ちゃん用の商品は少々値が張るかもしれませんが、美容・健康には代えられません。

この記事のまとめ

肌の乾燥対策!潤いのある美肌のために気をつけたい7つのこと
  1. 美肌のために、お風呂ではぬるま湯を皮膚の潤い成分の損失を防ぐために、「ぬるいかも?」と感じる38℃前後のお湯で入浴するようにします。
  2. お風呂で体をゴシゴシこするのはNG体をゴシゴシこすることは肌の角質層を破壊します。体を洗う際にスポンジを使わず、手で全身を撫でるように洗う方法がオススメです。
  3. 体を拭く際はバスタオルで叩くようにお風呂あがりに体を拭く際は、タオルを肌にあて1〜2秒間軽く押し付けるようにします。
  4. お風呂あがり後、直ぐに保湿美容液で肌の水分補給をお風呂あがり後、遅くとも5分以内には保湿効果のある美容液を全身に塗るよう心掛けます。
  5. 肌に最適な温度・湿度を心掛けよう肌に最適な温度は20〜25℃前後、肌に最適な湿度は65〜70%前後と言われています。湿度が60%を下回ると肌の乾燥が始まるので注意が必要です。
  6. 冷えすぎていない水をよく飲もう一日にコップ6杯程度の水(食事時に飲む水も含む)を、細かく分けて摂るようにします。
  7. 乾燥しやすい部位のケアは、特に念入りに目の周りや口の周り、唇などは特に乾燥しやすい部位のため、念入りな乾燥ケアが必要です

目指せしっとり潤い美肌!

皆さんが美しくなるお役に立てば幸いです^^

記事のシェアはこちらから facebok Twitter Google+ はてぶ LINE Pocket
HOTNEWSのフォローはこちらから 10年後も価値あるネタを配信中♪ HOTNEWS - facebookページ
サイトマップ(全記事/全タグ一覧) 編集者プロフィール お問い合わせ