自己啓発・人間関係美容・健康恋愛社会・ニュースIT育児・教育
 記事引用につきまして

【冷え過ぎには御用心!】夏バテ・夏風邪を防ぐために気をつけたい7つの冷え対策

Written By SATO
facebookでシェア Twitterでツイート Google+で共有 はてぶに追加 LINEで送る Pocketに追加
【冷え過ぎには御用心!】夏バテ・夏風邪を防ぐために気をつけたい7つの冷え対策

梅雨も明け、そろそろ夏本番ですね!ところで、みなさんは夏に冷え対策をしていますか?

夏は部屋の中やデパート、電車内などでの冷房の効きすぎや、冷たい飲み物を飲む機会が増えるなど、実は "冷え" を招きやすい季節なんです。

「風邪をひきやすい」「痩せにくく、太りやすい」「 手足は冷えていないが腰やお腹を触ると冷んやりしている」「足がむくんでしまうことが多い」「よく胃腸の調子が悪くなる」などの症状がある人は要注意。ひょっとして“隠れ冷え性”のサインかもですよ!?

ここでは、夏バテ・夏風邪を防ぐことにも繋がる、「夏に気をつけたい7つの冷え対策」についてご紹介します。

体内に冷えを溜めない工夫を知って、しっかり予防しましょう!!

【冷え過ぎには御用心!】夏バテ・夏風邪を防ぐために気をつけたい7つの冷え対策

1.エアコンの設定温度は26度以上を心がけて

本来ならドライの設定が一番よいのですが、真夏ともなるとそういうわけにもいかないのが現実。

外の暑い外気から帰ってきて急激に身体を冷やすと、血管が収縮して血液の流れが悪くなります。これが "冷え" のもとです。体に負担の少ない設定温度は26度以上と考えましょう。

また、特に冷えやすい下半身や首を冷やさないこともポイント。胸元が開きすぎない服を着たり、靴下を履くなどして冷え対策をしましょう。

2.入浴はシャワーだけより湯船に浸かって

夏はシャワーで済ませがちですが、38℃~40℃くらいの湯船に浸かるのが冷え予防には効果的です。

暑い外と冷房の効いた部屋の中を行ったりきたりしてだるくなった体調も回復し、血液の流れもよくなります。

また、どうしても湯船に浸かれない時は、42℃くらいの温度で週に1〜2回、15分程度の足湯を行うだけでも かなり冷え予防になります。

3.かかとの上げ下げ運動で血行促進

冷えをためないようにするには、血行をよくすることが一番。そのために血流を促すポンプのような役割をする 筋肉の力が必要です。

そこで、簡単にできて血行をよくする運動として、かかとの上げ下げ運動がおすすめです。

足を軽く開き両足を一緒に上げ下げするだけで、筋肉が活性化します。

親指の付け根あたりに力を入れるように意識すると、いっそう効果が上がりますよ!

4.飲み物は紅茶などの「発酵茶」がおすすめ

暑くなると冷たいジュースなどが飲みたくなりますが、糖分が入った飲み物は体に水分をためやすく、冷えのもとになります。また、コーヒー、緑茶、アルコール類も体を冷やす飲み物です。

そこでおすすめなのが、紅茶やプーアル茶といった「発酵茶」。これらは体を冷やすことの少ない飲み物です。

氷を入れずに飲むのがおすすめです。生姜紅茶は体を芯から温めてくれるので、夏にももってこいの飲み物ですよ!

5.冷たい麺は薬味をたっぷり入れて

暑い夏の季節、食卓に上がることも多くなる「そうめん」や「ひやむぎ」、そして「蕎麦」。

これらは体を冷やす作用があるので、体を温める効果のある薬味を一緒に摂るように心がけましょう。

特に、ネギやショウガは "温の食べ物" とされていて、体を温めてくれます。

「ちょっと多いかな?」というくらいたっぷり入れちゃいましょう。よりいっそうおいしさも増しますよ!

6.ひざ掛け、ブランケット、ストールを活用

オフィスやデパート、電車の中など冷房が強く効いている場所では、ひざ掛けやブランケット、薄いストールなどを持っていると重宝します。

特に冷え対策には、首元・足首・お腹を冷やさないことが肝心です。

ひざ掛けやストールを持っていると、「ちょっと寒いな」と思ったときにすぐに使えるので便利ですよ!

7.歩いて下半身を鍛える

体を冷やす原因に「下半身の筋肉不足」が挙げられますが、これは歩くことで改善することができます。

シンプルで簡単な方法ですが効果は抜群!外出、通勤、会社内の移動などで階段を使ったり、一区間歩くなどして心がけてみましょう。

下半身を鍛えることで冷えから体を守ることができます。

この記事のまとめ

【冷え過ぎには御用心!】夏バテ・夏風邪を防ぐために気をつけたい7つの冷え対策
  1. エアコンの設定温度は26度以上を心がけて体に負担の少ない設定温度は26度以上。また、特に冷えやすい下半身や首を冷やさないこともポイントです。
  2. 入浴はシャワーだけより湯船に浸かって38℃~40℃くらいの湯船に浸かるのが 冷え予防には効果的。どうしても湯船に浸かれない時は、42℃くらいの温度で週に1〜2回、15分程度の足湯を。
  3. かかとの上げ下げ運動で血行促進足を軽く開き両足を一緒に上げ下げするだけで、筋肉が活性化し血行がよくなります。
  4. 飲み物は紅茶などの「発酵茶」がおすすめ紅茶やプーアル茶といった「発酵茶」。これらは体を冷やすことが少ない飲み物です。
  5. 冷たい麺は薬味をたっぷり入れて麺類は体を冷やす作用があるため、温の食べ物である薬味と一緒に摂りましょう。
  6. ひざ掛け、ブランケット、ストールを活用冷え対策には、首元・足首・お腹を冷やさないことが肝心。冷房の強い場所では、ひざ掛けやストールは重宝しますよ。
  7. 歩いて下半身を鍛える体を冷やす原因に「下半身の筋肉不足」が挙げられます。下半身を鍛えることで冷えから体を守ることができます。

夏バテや夏風邪に負けないで、楽しいサマーライフを過ごしたいですね!

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです^^

記事のシェアはこちらから facebok Twitter Google+ はてぶ LINE Pocket
HOTNEWSのフォローはこちらから 10年後も価値あるネタを配信中♪ HOTNEWS - facebookページ

タグ:

[夏バテ][冷え性][]
サイトマップ(全記事/全タグ一覧) 編集者プロフィール お問い合わせ