自己啓発・人間関係美容・健康恋愛社会・ニュースIT育児・教育
 記事引用につきまして

【実は赤字だらけ!】Jリーグの悲惨な経営状態、その現状と赤字理由について

facebookでシェア Twitterでツイート Google+で共有 はてぶに追加 LINEで送る Pocketに追加
【実は赤字だらけ!】Jリーグの悲惨な経営状態、その現状と赤字理由について

Jリーグ(正式名称「日本プロサッカーリーグ」)と言えば、セ・リーグ/パ・リーグのプロ野球と共に、日本プロスポーツ界の人気を二分している団体です。

サッカー少年たちの憧れであり、ワールドカップ日本代表として出場する選手たちが何人も在籍、試合ではファンが大勢詰めかけるなど、華々しい舞台となっています。

・・・しかし、ご存知でしたか? そんな華麗な一面とは裏腹に、Jリーグの経営はとても悲惨極まりない状態なんです!

ここでは、知られざるJリーグの内情についてお伝えします。

【実は赤字だらけ!】Jリーグの悲惨な経営状態、その現状と赤字理由について

1.Jリーグの歴史

Jリーグの現状を知るために、まずはJリーグの歴史について知っておきましょう。

1980年代後半、当時のFIFA(国際サッカー連盟)から日本サッカー協会に対し、「FIFAワールドカップ」の日本開催が打診されました。

これに伴い、日本サッカー界ではプロリーグ構想が推進され、1993年にJリーグが誕生。

誕生直後のJリーグ加盟クラブは、全部で下記の10クラブでした。

  • 鹿島アントラーズ
  • ジェフユナイテッド市原
  • 浦和レッドダイヤモンズ
  • ヴェルディ川崎
  • 横浜マリノス
  • 横浜フリューゲルス
  • 清水エスパルス
  • 名古屋グランパスエイト
  • ガンバ大阪
  • サンフレッチェ広島F.C

現在でも強豪として人気が高いこれらのクラブを、「オリジナル10」と呼ぶこともあります。

さて、1993年に10クラブから誕生したJリーグは、1998年までは1部のみで、最大18クラブが加盟していました。

そして、1999年からは「Jリーグ ディビジョン1(通称J1)」と「Jリーグ ディビジョン2(通称J2)」の2部制に移行し、2014年からは「Jリーグ ディビジョン3(通称J3)」が新たに創設されました。

2014年シーズン開始時点では、日本国内の36都道府県に本拠地を置く 51のクラブ(J1:18クラブ、J2:22クラブ、J3:11クラブ)が加盟しています。

2.Jリーグの悲惨な経営現状

2014年5月20日、J1〜J3の51クラブ中48クラブが、株主に対する経営情報開示を行いました。(※ 柏レイソル・ジュビロ磐田・YSCC横浜 の3クラブは、3月期決算のため開示していません。)

それによると、

J1・J2のクラブ中、
11クラブが2013年度債務超過、4クラブが3期連続赤字。

J3(新設されたばかり)のクラブ中、
1クラブが債務超過、5クラブが赤字。

という、悲惨な経営状況が浮き彫りになりました。

※ なお、いきなり2013年に経営が悪化したのではなく、Jリーグの赤字は 何年も前からたびたび指摘され続けてきたことです。

3.何故Jリーグは赤字続きなのか?

では、何故Jリーグは赤字続きなのでしょうか? 次の3つが主な原因です。

【Jリーグの赤字原因】其の一:サッカー選手たちの破格の契約金

赤字Jリーグの最も大きな原因は「人件費」、つまりはサッカー選手たちの「破格の契約金」です。

プロスポーツ界において "破格の契約金" と言えば プロ野球が有名ですが、Jリーグもプロ野球に負けない程の契約金を、所属選手たちに支払っています。

【Jリーグの赤字原因】其の二:年間試合数が少なく、契約金の元が取れない

さて、プロ野球の年間試合数は「144試合」となっています。それに比べてJリーグの年間試合数は「リーグ戦34試合 + カップ戦6試合 + 天皇杯1試合 の、計41試合」です。(※ 決勝トーナメントで勝ち進むと多少増えます。)

なんとJリーグは、プロ野球の3分の1程度しか年間試合数がありません!

Jリーグの主な収益源は「試合のチケット料」なわけですが、この年間試合数では、選手たちに支払っている契約金の元を取ることが、極めて難しいと言わざるを得ません。。。

【Jリーグの赤字原因】其の三:スタジアムの収容人数が少なく、一試合の収益がさほど見込めない

少ない年間試合数に追い打ちをかけるのが、「サッカースタジアムの収容人数は、野球の球場に比べると少ない」という点です。

球場の場合、甲子園球場を筆頭に どの球場も数万人を収容できる規模があります。一方のサッカースタジアムの場合、国立競技場を除けば 1.5万〜2万人程度の収容人数しかありません!

収容人数が少ないということは、「多くの観客を呼べない」ということです。そのため、一試合あたりの収益においても、野球に遥かに劣ることになってしまいます。

上記の3つ以外にも、団体で動く際の遠征費(日本国内、海外)等も、結構な金額が掛かります。

Jリーグの試合だけでは とてもクラブを維持できないため、キャラクターグッズを販売したり、スポンサー会社に泣きついているのが現状です。

また、最も枷となっている "選手の契約金" をカットしては? という意見もありますが、優秀な選手が海外チームに流れていってしまったり、また、選手のモチベーションが下がってしまったり等、結局Jリーグの人気下落に繋がりかねないため、有効な打開策とは言えません。

この記事のまとめ

【実は赤字だらけ!】Jリーグの悲惨な経営状態、その現状と赤字理由について
  1. Jリーグの歴史1993年に10の加盟クラブから誕生。2014年のシーズン開始時点では、36都道府県に本拠地を置く51クラブ(J1:18クラブ、J2:22クラブ、J3:11クラブ)が加盟しています。
  2. Jリーグの悲惨な経営現状債務超過や赤字に苦しんでいるクラブが多数。
  3. 何故Jリーグは赤字続きなのか?「サッカー選手たちの破格の契約金」「年間試合数が少なく、契約金の元が取れない」「スタジアムの収容人数が少なく、一試合の収益がさほど見込めない」の3つが主な理由。

アジアの中ではトップクラス、世界でも存在感を増してきている 日本サッカー。

苦しい経営難にも負けず、これからも頑張ってもらいたいですね!

記事のシェアはこちらから facebok Twitter Google+ はてぶ LINE Pocket
HOTNEWSのフォローはこちらから 10年後も価値あるネタを配信中♪ HOTNEWS - facebookページ
脳トレにオススメな、大人向けジグソーパズル

大人向けジグソーパズル(無料)スマホ対応

↑大人向けのジグソーパズルが、無料で100種類以上!
(幼児・キッズ向け や 動画ジグソーパズルも合わせると、350種類以上!)

ダウンロード不要&登録不要。
「ジグソーパズル無料アプリ」のようですが、サイトを表示するだけで即遊べます♪




サイトマップ(全記事/全タグ一覧) 編集者プロフィール お問い合わせ