自己啓発・人間関係美容・健康恋愛社会・ニュースIT育児・教育
 記事引用につきまして

【ビキニを着たい!】即効で美しい身体をつくるための1週間ダイエット

facebookでシェア Twitterでツイート Google+で共有 はてぶに追加 LINEで送る Pocketに追加
【ビキニを着たい!】即効で美しい身体をつくるための1週間ダイエット

今年こそはビキニをカッコ良く着こなそうと思っていたのに、いつの間にかもう夏! 大変だ〜(涙)

・・・という人に朗報です。即効で美しい身体をつくる「1週間ダイエット」の方法をご紹介します。

なお、今までダイエットをサボってきた人が「1週間でいきなりナイスバディになる」というのは、並大抵のことではありません。そのため、かなりハードな内容となりますが、挫折しないで頑張ってくださいね^^

それでは、Let's ダイエット!!

【ビキニを着たい!】即効で美しい身体をつくるための1週間ダイエット

1.1週間ダイエットで重要なポイント

ダイエットの基本と言えば「食事制限」と「筋トレ」と「有酸素運動」。

本来ならば、この3種類のダイエット要素を組み合わせて、リバウンド(痩せた後、再度太ってしまうこと)や 体調悪化を防ぎながら、徐々に体重を落とす(1ヶ月に2kg程度)ことが望ましいのは言うまでもありません。

しかし、「即効の1週間ダイエット」の場合は、すぐに身体に変化が現れやすい「食事制限」を中心としたダイエットを行います。

2.1週間ダイエットの食事メニュー

1週間ダイエット中は、一日の食事が下記のみとなります。

  • ゆでたまご1個
  • 玉子の白身2〜3個
  • 鳥の胸肉100g
  • 野菜
  • サプリメント

野菜について
野菜を食べる際は、脂っこいドレッシングやマヨネーズは厳禁。何も振りかけないで食べるのがベストですが、難しい場合は塩か醤油を振りかけて食べるようにします。

サプリメントについて
1週間ダイエットのような極端な食事制限を行う場合、サプリメントは必ず摂るようにしてください。具体的には、「マルチビタミン」「マルチミネラル(特に 鉄・亜鉛・カルシウム)」「オメガ3脂肪酸」といった、不足しやすく、不足すると深刻な体調不良を引き起こす栄養素を補充します。

注意点
なお、上記の内容を繰り返しますが、「一食」ではなく「一日」のトータル食事量です。おそらく、初めは少なすぎて涙が出そうになるかと思います。どうしても我慢ができない場合は、キシリトールガムなどで耐え凌ぎましょう!

3.1週間ダイエット中の生活スタイル・食事方法

日光に当たりながら、早朝のウォーキング(ランニング)

まずは、朝起きてからコップ一杯の水分を補給し、その後は15分以上日光に当たります。

知らなきゃ損!ダイエットをより効果的にする6つのポイントでもお伝えしましたが、日光に当たることで太りにくい身体となりますし、体内にビタミンDが合成されます。

ボ〜っと日光に当たっているだけでも意味があるのですが、どうせなら有酸素運動のウォーキング(可能であるならば ランニング)を行い、積極的に脂肪を燃やしにいきましょう!

食事の回数・タイミングについて

食事の回数は「一日に5回」を目安とします。上でお伝えした一日のトータル食事量を、5回に分けて摂取します。

食事間隔が均等になるように配慮し、また、最後の食事は「最初の食事を食べ始めた時刻から 8時間以内に食べきる」ことを心掛けましょう。

そして、夜18時以降(遅くても20時以降)は、水以外を口にしないようにします。

食事は「少量ずつよく噛んで」が基本

太っている人を観察していて感じる点は、「とにかく食べるペースが早い!」ということ。

これでは、脳が満腹だと認識する前にドンドンと食べてしまい、結果として必要以上のカロリーを摂取してしまいます。

「米10粒ずつを、30回噛んで食べる」という昔の人の教えがありますが、これが実は現代科学からみても、非常に理にかなった教えなんですよ!胃に負担が掛からず、少量の食事で満腹を感じるようになる為、肥満の心配から解放されます。

箸で少量を口に入れ、箸を一旦手から離し、箸置き(無い場合は 茶碗やお皿の上)に置きます。そして、口の中で食べ物がドロドロと形が分からなくなるまで噛み砕いてから 飲み込みましょう。

慣れるまでは大変かもしれませんが、これが一度習慣になってしまえば、今までの食事量では「多すぎてとても食べきれない」と感じるようになるはずです。

4.筋トレをしよう

筋トレの素晴らしい7つのメリットでもお伝えしましたが、筋トレには "筋肉がつく" という効果以外にも、様々な美容・ダイエット効果があります。ダイエット中の人はぜひ筋トレに励んでみましょう!

そして、特にダイエット効果を上げたいのならば、大きな筋肉を鍛えることが重要です。腕立て、腹筋、背筋、スクワット などはテッパンですね。

5.有酸素運動で脂肪を燃やそう

1週間で脂肪を落とすには、何と言っても有酸素運動が強力な武器となります。

エアロビクス、ランニング、なわとび など、自分の趣味にあった運動を選択し、徐々に負荷を高めていきます。(例えばランニングの場合、初日は1km、次の日は1.5km、その次の日は2km、... といった具合。)

また、有酸素運動で効率よく脂肪を燃やすには、空腹時を見計らい20分以上運動を継続することが望ましいです。

この記事のまとめ

【ビキニを着たい!】即効で美しい身体をつくるための1週間ダイエット
  1. 1週間ダイエットで重要なポイントダイエットの基本と言えば「食事制限」「筋トレ」「有酸素運動」。1週間ダイエットの場合は、すぐに身体に変化が現れやすい「食事制限」を中心に。
  2. 1週間ダイエットの食事メニューゆでたまご・玉子の白身・鳥胸肉・野菜・サプリメント のみの食事制限。どうしても我慢ができない場合は、キシリトールガムなどで耐え凌ぎましょう!
  3. 日光に当たりながら、早朝のウォーキング(ランニング)日光に当たるだけで太りにくい身体になります。
  4. 食事の回数・タイミングについて「一日に5回」が目安。食事間隔が均等になるように配慮し、最後の食事は「最初の食事を食べ始めた時刻から 8時間以内に食べきる」ことを心掛けます。
  5. 食事は「少量ずつよく噛んで」が基本口の中で食べ物がドロドロと形が分からなくなるまで噛み砕いてから、飲み込みます。
  6. 筋トレをしよう筋トレには様々な美容・ダイエット効果があります。特にダイエット効果を上げたいのならば、腕立てやスクワットなどで 大きな筋肉を鍛えましょう。
  7. 有酸素運動で脂肪を燃やそう毎日序々に負荷を強くしていきます。効率よく脂肪を燃やすには、空腹時を見計らい20分以上運動を継続しましょう。

ダイエットのモチベーションを維持するには、毎日体重を計り「100gでも良いので痩せていることを実感する」こと。そして、鏡で身体をチェックしながら「痩せる、痩せる と唱える」ことが大切らしいですよ^^

なかなか大変なメニューですが、ナイスバディはすぐ目の前!

この記事が、みなさんのお役に立てれば幸いです。

記事のシェアはこちらから facebok Twitter Google+ はてぶ LINE Pocket
HOTNEWSのフォローはこちらから 10年後も価値あるネタを配信中♪ HOTNEWS - facebookページ
サイトマップ(全記事/全タグ一覧) 編集者プロフィール お問い合わせ